Loading...

粘り強い性格を自己PRで主張する時のポイント

856 views

就職活動生の自己PRの内容で最もよく使われる「私は粘り強い性格です」というフレーズ。
かなりの就活生が使用している傾向がある為、差別化は必須です。
どのようにして、粘り強いというアピールをすれば良いのか、また採用側はどういった意味で捉えるのか、紹介していきます。

採用担当者は就活生の”粘り強さ”をこう見ている!!

 

study-921885_960_720
企業が求める人材は、長期的に勤めてくれて将来性のある人を求めています。
入社して、すぐに退職されては求人に費やしてきた多額の広告費が無駄になってしまうからです。
広告費を払う見返りに、企業の売上に貢献できる優秀な人材を育て上げるのが企業の狙いです。今では3年以内に3割は退職すると言われていますが、長期的に勤めてくれる人を企業は待ち望んでいます。

自己PRで”粘り強さ”は好印象!!将来性があると思わせることができる

そこで自己PRの”粘り強い性格”は企業目線では好印象です。どういった活動を経てこの「粘り強い」が伝わる自己PRができるでしょう。
何か長期的に継続したもの、例えばアルバイト、ゼミ、サークル活動などを通して、如何に採用担当者側に「この人は将来性がありそうだ」と思わせれるかが重要です。

自己PRでは”粘り強さ”の他に仕事でも発揮できる内容を盛り込む

 

仕事は何かと我慢の連続です。粘り強いタフな精神力やストレス耐性が必要になります。

たとえば営業職ですと、契約を取り売上を上げなければいけません。訪問してすぐ契約、という上手く事が流れるケースは稀でしょう。
取引先に断られながらも、何度も訪問して関係性を構築し、ようやく契約と至るプロセスがほとんどです。

粘り強い性格を主張する際は具体的なエピソードを入れること

契約に至るまでは、厳しいお客様が居れば心が折れてしまいそうな辛い経験をしてしまうかもしれません。
そこで、いかに粘り強い精神力を発揮するかが重要になります。
自己PRでは、同様に「成果に至るまでに苦労した事、困難に直面した事を通して諦めず取り組んだのか」を具体的なエピソードを交え自己PRしなければいけません。

【完全保存版】就活で面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。

自己PRに粘り強さを盛り込む上で忘れてはならないポイント

 
トップへ