Loading...

経理で採用されるための志望動機の書き方とポイント

1621

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経理では簿記の知識やパソコンスキルが求められますが、それだけでなく几帳面な人間性も必要とされます。では、経理を目指す場合の志望動機にはどういった点をアピールして書けば良いのでしょうか。今回は、経理の志望動機の書き方におけるポイントを紹介します。

67

ここにキャプションを入れて下さい。

経理の志望動機の書き方1.仕事にしたい理由を書く

 

経理はその会社におけるお金の流れを管理する仕事であり、営業や広報のような華やかさはありません。志望動機では、まず自分が経理を仕事にしたい理由を挙げましょう。

  • きっかけのエピソードを伝える

志望動機に書く際の例がこちらです。
・学生時代から会社経営に興味があり、簿記や経理の勉強をした
・大学で経済を学び、簿記検定で資格を取ったので、それを活かしたい
・学生時代から数字に強かったので、その強みを活かしたい

経理に関わらずどのような仕事でも、やりたいと思ったきっかけは必ずあるはずです。志望動機では経理を仕事にしたい理由を述べたうえで、そのために自分が簿記やパソコンの技術を習得したなら、その成果をアピールしましょう。会社によっては、求人の時点で日商簿記2級を必要条件とするケースもあります。募集要項を事前にチェックしておきましょう。

経理の志望動機の書き方2.向いた性格をアピールする

 

経理に求められるのは、簿記やパソコンの技術のほかに、ミスのない正確な作業や地道な作業をコツコツできることが求められます。つまり、緻密で几帳面な性格が適しているのです。

  • 学生時代の経験を付け加える

志望動機では下記の例を志望動機に付け加えましょう。
・学生時代に地道な作業を得て成し遂げた経験
・アルバイトやサークルなどで根気強く取り組んだ経験

こうした経験を交えた書き方をして、自分の性格は几帳面で地道な作業にも根を上げずに取り組むことができるとアピールしましょう。

いかに簿記やパソコンの技術がなっていても、地道な作業に根をあげたり、正確さがないようでは会社はその人を必要としません。アルバイトなどで経理までいかずとも、データ入力や記帳の経験があるなら、それを活かしたいと志望動機で述べてみましょう。

経理の志望動機の書き方3.会社を選んだ理由を書く

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ