Loading...

職務経歴書で事務職の自己PRを作る時の3ポイント

最終更新日: // 1022 views

,

転職時、職務経歴書に書く自己PRにお悩みの方も多いでしょう。
何が何でも自分のいいところをアピールをすればいいわけではありません。
志望する職種にあった自己PRをつくることで就職が成功するか否かがきまります。
ここでは、事務を志望する際に必要な、自己PRの3つのポイントをお話してみたいと思います。

事務職の自己PRのコツ1,パソコンのスキル

bsGREEN_spen15175523
まずはじめに、事務にとって最低限必要な自己PRはパソコンのスキルです。
パソコンが使えるということが暗黙のルールになっている場合も多くあるでしょう。
お客様や他部署のメンバーとのメールのやり取りはもちろんのこと、
職務経歴書にはどのソフトがどのくらい使いこなせるのかを具体的に書くことで自己PRにしていきます。
使えるOSも併せて記入しておきましょう。

Word、Excel、PowerPointができると強い!!

ワープロソフトであれば書類、レポートが一から作成し出力できるかどうか、
表計算ソフトであれば使える関数、または表やグラフの作成ができるかどうか、そして既存データを編集することができるかなど
実務で活かせるような詳しいところまでアピールすることが大事です。
また、プレゼンテーションソフトができるかどうかも、事務を志望する方にとってライバルに大きく差をつけるポイントになるはずです。
職務経歴書はダラダラと長く書いてしまうと読みにくいので、箇条書きにするとよいでしょう。

事務職の自己PRのコツ2,コミュニケーション力

「事務なのにコミュニケーション力?」と思われるかもしれませんが、実は事務にとって大切なスキルのひとつなのです。
これを職務経歴書に書くと書かないでは大きく違います。
事務の仕事には、営業やお客様とのやりとりが必ずあり、とくに電話対応は、会社の顔となる大切なところです。

電話に出る第一声でその会社の良し悪しが伝わる場合もある!!

電話に出る第一声でその会社の良し悪しが伝わってしまう場合もありますので、自己PRとしていろいろな人に対応できるコミュニケーション能力を記入するとポイントアップになります。
職務経歴書に書く際は、過去にどういったシチュエーションでこの能力を発揮してきたか、具体例をあげて記入するとわかりやすいでしょう。実務ではクレーム対応も時には必要になるはずです。
どんな場合も臨機応変に誠意のある対応ができます!といった自己PRは非常に有効になります。

事務職の自己PRのコツ3,臨機応変さをアピール

 
トップへ