Loading...

職務経歴書で自己PRをする際の注意点

1250

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動の成否を決めるのは職務経歴とそれに基づく自己PRです。
転職活動が初めての方は、職務経歴なんて書類に在籍した会社を書くだけでしょ?と思いがち。この記事では、職務経歴が採用側にどういう形で映るのかを書いていきます。

履歴書と職務経歴書の違い

 

fountain-pen-1053697_640
最初にも書きましたが、職務経歴とは在籍した会社の経歴ではありません。
その役目を果たすのは履歴書と呼ばれるもので、職務経歴を記載する職務経歴書とはまた違った性格を持つ書類です。
履歴書で採用側は、学歴や希望年収、家族形態や居住地等から「うちの会社で働けるか?」といった観点で書類選考を行います。
職務経歴書では、「うちの会社で活躍できるか?」といった観点です。

履歴書は足切りに使い、職務経歴書は自己PRに使う!

わかりやすく言えば、履歴書は足切りのために使い、職務経歴書は志望者側の自己PRに主に使用します。
ここの認識を誤ると、書類選考時の数少ない自己PRの機会を逃し、面接にすら進めないことも。
履歴書ももちろん重要な書類に変わりはありませんが、職務経歴書は自身の職務経歴から「あなたの会社で十分活躍できます!」というアピールができる貴重なものであることを理解しましょう。

職務経歴とは何か

 

では職務経歴とは一体どのようなものを指すのでしょうか?簡単に言ってしまうと、「在籍していた会社で、どのような役割、規模、環境でどういった業務を行い、どのような成果を出したか」を記載するもの。
簡単といっても結構長くなってしまうのですね。ただそれだけ内容の充実、具体性を持たせなければならないということです。

志望企業が最も興味を持ちそうな部分を書くこと

様々な業務を経験してきて、全部同じレベルで書くとボリュームが大きくなりすぎるとお悩みの方は、志望企業が一番興味を持ちそうな業務経験をメインにして、他の業務は簡単な概要程度にして効率的に自己PRをしましょう。
逆に業務経験が少ないとお悩みの方は、自己PRを大きめにしたり、業界知識・資格取得状況などを詳しく書くことをオススメします。
職務経歴に大きく空欄があると、そこで大幅なマイナスポイントになることは想像に難くありません。

面接では職務経歴をメインに話す

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ