Loading...

職務経歴書の自己PRの書き方3ポイント

1759

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

履歴書のみならず、就職活動のさいには職務経歴書も大変重要です。
第二新卒などで社会人経験が少ない人でも、少しでも職務の経験があるかたは職務経歴書を付ける必要があります。今回は、職務経歴書の自己PRについてみていきたいと思います。

職務経歴書の自己PRのポイント1,実務能力をアピール

 

globe-791596_960_720
正社員に応募する場合には、履歴書のほかに職務経歴書を添えることが一般的ですが、職務経歴書の自己PRは就職活動において大変大切なものです。
では、履歴書と職務経歴書の自己PRではいったいどう違うのでしょうか。
履歴書では、新卒の人でも既卒の人でも、「学歴」や「職務経歴」などがざっくりと書かれていることが多いと思います。

職務経歴書で企業の求める能力に沿った自己PRをすること

それに対して、職務経歴書では、職務経歴を会社名だけではなく詳細に書いています。
なので、その会社が求めている実務能力があるのかどうかをくわしく担当者のかたがチェックしましょう。
ですから、その時に上手に心の残るようなアピールできるかどうかで職務経歴書のアピール力に雲泥の差がついてしまいます。

職務経歴書の自己PRのポイント2,どのように仕事し何を得たのかを書く

 

では、採用者に効果的にアピールするためには具体的にどのように書けばよいのでしょうか。職務経歴の自己PRについて具体例をみていきましょう。
まず、職務経歴の書き方ですが、まずこれまでしてきた職務の要約などを最初に書きます。一目であなたがどのような仕事をしてきて、何が得意なのかが理解してもら得るように書きたいものです。
具体的な業務を箇条書きで書いたり、一覧表などにしてわかりやすく書きます。

パソコンを使って書くことで事務能力もアピールできる

書類でわかりやすい事務書類をつくることができる能力を、自然とアピールできるチャンスでもあります。
パソコン能力を駆使して書きましょう。職務経歴の自己PRでは、わかりやすくあなたのアピールポイントも含めながら書きたいものです。
今後あなたがその会社で生かせるであろう経験や知識、技術などをまとめ、資格があれば記入します。

職務経歴書の自己PRのポイント3,具体的な数字を入れる

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ