Loading...

自己PRでコミュニケーション力を主張する時のポイント

1307

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接でコミュニケーション能力の自己PRをする際には、失敗を克服した経験も述べると効果が増します。
失敗は簡潔に述べ、それを克服した努力を強調しましょう。
コミュニケーション能力を生かして成功した経験は、たしかに説得力があります。
しかし、人間は失敗をする生き物ですし、仕事でもそこからのリカバリーが大事になります。
そこで、「失敗したものの、それに負けずに克服した経験」も述べるべきであり、そうすれば説得力が一層強まります。

自己PRで失敗を克服した経験を主張する際の例文

面接での自己PRでも、その失敗の経験と、努力して克服した様子をアピールしましょう。
例えば「数名の技術指導で一律に練習メニューを組んだ所、物足りない人とついていけない人に分かれてしまいました。そこで、改めて個別に話を聞き、レベルを把握し直したうえで、各自の強化ポイントを丁寧に伝えました」といった感じです。
特に例文の後半の、克服の様子を重視しましょう。

自己PRでコミュニケーション能力を主張する際は成功と失敗を克服した経験を伝える

 

面接でコミュニケーション能力の自己PRをする際は、まずその能力がどんなものかを理解していることを示しましょう。
そのうえで、それを生かしていかに成功したか、また失敗したもののいかに克服できたか、経験を通じてその能力を向上させてきたことを伝えます。
このように、意味の理解と経験による実績を上手く述べられれば、よいアピールになるでしょう。
紹介した例文を参考にして、面接を成功させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ