Loading...

自己PRでリーダーシップをアピールする方法

323

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRでリーダーシップをアピールする方法をご紹介します。
自己PRでは様々なアピールポイントがあるものです。
中にはリーダーシップをアピールポイントとして推そうと思っている方も少なくはないでしょう。
そこでここでは、自己PRでリーダーシップを推す際の効果的な方法について説明していきたいと思います。

自己PRでリーダーシップをアピールする方法1,短く簡潔に言い争す

 

kayak-846078_640
自己PRの冒頭で、「私はリーダーシップがあります。」と説明されるのと、「私は○○のタイプのリーダーです。」と説明されるのでは、後者の方が明らかに印象に残りますよね。
リーダーシップという言葉はいまでは自己PRの定番とされ、かぶりやすいですし、後者のようにどんなリーダーかを端的に言い表しつつアピールした方がより効果的でしょう。

  • 簡単な言葉で短く言い表すよう意識すること!

ただ、あくまでも自己PRのとっかかりとなる部分での話ですから、長々と説明していくのは良くありません。
最初の段階でダラダラと説明されると、自己PRの基本的な流れである、結論、補足、活かし方、という流れがおかしくなってしまいます。
ですから、あくまでも簡単な言葉で短く言い表すように注意していきましょう。

自己PRでリーダーシップをアピールする方法2,工夫を説明する

 

リーダーシップを自己PRでアピールする際には、リーダーとしていかにしたわれていたのかというエピソードで補足するよりも、リーダーとしてどのような工夫をして、どのような状況を変えようとしていたのかということを説明する方が効果的です。
その方がよほどリーダーシップがあるとも言えますね。ですからそうしてリーダーとしての工夫を説明するようにしていってください。

  • 具体的な数字などを交えながら説明すること!

リーダーとしての工夫を説明する際には、具体的に説明するようにしていってください。
抽象的な説明では何も伝わりませんし、話も盛り上がらず、自己PRが無駄になってしまいます。
ですからそうならないように、きちんと何をどんな風にしていたのか、具体的な数字などを交えながら説明していくと良いでしょう。

自己PRでリーダーシップをアピールする方法3,活かし方を説明する

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ