Loading...

自己PRで性格に関することをアピールする際のポイント

336

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRで性格に関することをアピールする際のポイントをご紹介します。
自己PRでは、性格に関することをアピールすると良いとされています。
能力でのアピール何て学生レベルでたかが知れていることも多いですから、性格をアピールした方が良いのです。
では以下で性格をより上手くアピールするため、自己PRで性格に関することをアピールする際のコツを紹介します。

自己PRで性格をアピールする方法1,1つに絞る

 

fitness-332278_960_720
性格に関することをアピールする際に、ついついやってしまいがちなのが、「負けず嫌いで、好奇心旺盛な性格です」とか、いろいろと性格に関するアピールを組み合わせて自己PRしてしまうことです。
しかし、それは一つ一つのアピールを弱いものにしてしまうだけで、逆効果になるのです。
ですから、自己PRで性格的なことをアピールするのであれば、ポイントは絞りアピールするようにしていきましょう。

  • 一つの性格に対して深く追求していくこと

一つのことのアピールならば、細部までその性格について言及することが出来るようになります。
何個も組み合わせてしまうと、どうしても説明があいあまいになってしまうということもあります。
性格はただでさえ伝わりづらいですから、何個も組み合わせ自分から伝わりづらくしてしまうと、まったく伝わらなくなってしまうのです。
伝わらない自己PRなんて時間の無駄なので、気をつけていきましょう。

自己PRで性格をアピールする方法2,エピソードで証明する

 

性格に関する自己PRでは、スキル的な自己PRに比べてさらにエピソードが重要になります。
スキル的なことならエピソードがなくても、資格や成績、あるいはその場での披露できちんと伝わることがありますが、性格的なことに関しては、エピソードで証明をしないと、まったくもって信憑性がないのです。
ですから、自己PRで性格に関することをアピールするのであれば、必ずエピソードをつけるようにしてください。

  • 幅広くエピソードを用意すると吉!!

自己PRでのエピソードは、アピールポイントと違い何個かあることでさらに信憑性が高くなります。
また、そうしていくつかエピソードを話す際にも、アルバイトや部活、サークル、友達とのこと、家族とのことなど幅広いところからエピソードを持ってくると、良い信憑性が増してきます。
ですから、なるべく幅広い出所の話を用意すると良いでしょう。

自己PRで性格をアピールする方法3,求める人物像に合わせる

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ