Loading...

自己PRで笑顔をアピールする際の注意点

766

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRのアピールポイントは人それぞれ違うものです。
中には笑顔をアピールポイントとしようと思っている方もいることでしょう。しかし笑顔を自己PRのアピールポイントとするには、いくつか注意点があるのです。
ここではそんな自己PRのアピールポイントを笑顔とする際の注意点を紹介します。

自己PRで笑顔をアピールとする際の注意点1,面接中は笑顔を保つ

 

girl-652994_960_720
まず最初に紹介する自己PRのアピールポイントを笑顔とする際の注意点は、必ず笑顔で話すようにするということです。
笑顔をアピールポイントとしているのに、喋っている際に一切笑っていなかったらまったく説得力がありませんよね。
そうならないよう、笑顔をアピールポイントとするなら、必ず笑顔で話すようにしてください。

  • 入出から退出まで終始笑顔でいる必要がある

さらに当たり前ですが、自己PRで笑顔について話している時だけ笑顔でいるのでは意味がありません。
それではその場しのぎの嘘だと思われてしまい、逆に印象が悪くなってしまいます。
入ってくる時から退出するまで、もっと言えば会社説明会くらいの時からずっと笑顔でいる必要があります。
笑顔を自己PRでアピールし、説得力を持たせるためにはそれくらいの意識が必要なのです。

自己PRで笑顔をアピールとする際の注意点2,人から褒められたエピソードを用意

 

どれだけ自分で良い笑顔だと思っていても、やはりそれを人に言われて気がついたというエピソードを話す必要があります。
笑顔でいるだけで一応笑顔の証明はできていますが、それでもやはりエピソードでの証明も付け加えることで、より信憑性がでてき、印象がよくなるのです。
ですから、笑顔を自己PRでアピールするさいにも、人から笑顔を褒められたエピソードを用意してください。

  • 仕事に役に立つ笑顔を証明するエピソードが効果的!

さらにそれが仕事に役にたつような話であればなお良いです。「笑顔が良いからあなたに接客してもらいたいと言われた」というようなエピソードだったり、「笑顔がいいから話しかけやすくて、接客されていて気持ちがよかったといわれた」というようなエピソードだったりすると、仕事に役に立つ笑顔であることが証明できますよね。自己PRに笑顔を使うなら、これくらいのエピソードを用意していきましょう。

自己PRで笑顔をアピールとする際の注意点3,活かし方を説明する

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ