Loading...

自己PRで絶対に外せない作成のポイント

333

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRというのは、ただ単純に自分の強みについて書き連ねればいいというものではありません。
構成をしっかりと作り、相手に内容が伝わりやすくなるよう文章を練っていう必要があるのです。今回は自己PR の作成のポイントを、いくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。 

自己PR作成のポイント1,新卒者は出身大学の用紙を利用

 

balloon-1046658_960_720
自己PRを作成する際にまず試していただきたいことは、現在通っている大学の独自用紙を利用してみると言うことです。
ここには一通りの履歴書になる内容から、ESの一部のようなものが記載されています。これで手軽に自己PRを作成することができるのです。

自己PR作成のポイント2,強みが伝わるエピソード 

 

用紙を入手した後は、さっそく記入に入ります。
自分の強みが伝わるエピソードを中心に、できるだけ具体的に内容を作りこんでいくのです。その際には何度も読み直してみて、読み手の立場になって確認をしてみると文章の精度が上がります。 

自己PR作成のポイント3,読みやすさ

 

その際に優先してほしいことは、とにもかくにも読みやすさです。
あまりにエピソードを盛り込み過ぎたために結局何が言いたいのかが伝わらないような、読みにくい文章になっては本末転倒です。

自己PR作成のポイント4,第二新卒は職務履歴をアピール 

 

第2新卒のような転職者が自己PRを作成する場合は、少し注意が必要です。
まずはこれまでの経歴や職務履歴など、どのような業務に携わっていたのかをしっかりと記載しましょう。転職の場合、基本的には即戦力であることが期待されます。これまでの経験が重要視されるということです。 
 

自己PR作成のポイント5,問題解決を中心としたエピソードを記載 

 

エピソードは、問題解決を中心としたものを記載することをオススメします。
あなたの魅力を面接官に伝える方法として非常に有効なのです。あなたを採用するメリットがイメージ豊かに広がっていくでしょう。 
 

自己PR作成のポイント6,採用後のメリットを売る

 

採用後のメリットを加えておくことも、非常に重要です。
自分が採用された場合、その企業の利益にどのように貢献できるのか、ここで自分を売り込んでおきましょう。 

自己PRの内容をさらに仕上げる手順

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ