Loading...

自己PRで集中力の高さをアピールする方法

1124

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRで集中力の高さをアピールする方法をご紹介します。
集中力というのは、職種によっては大きなアピールとなります。ですから自己PRでそれをアピールしたいという方もたくさんいることでしょう。
ここではそんな方の為に、集中力の高さを自己PRでうまくアピールする方法を紹介していきたいと思います。

自己PRで集中力をアピールする方法1,時間を用いて伝える

 

sunset-691848_960_720
集中力の高さを自己PRでうまく伝えるためには、その集中力の高さを時間を用いて説明する必要があります。
集中力の高さというのは、○○を○○時間集中して続けられたということでしか伝わらないですよね。
したがって時間を用いて伝えないとならないのです。何を何時間続けた、だから集中力があるという形で、集中力の高さを伝えていきましょう。

  • 数字は多ければ多いほど良い

また、そこに用いる数字は多ければ多い程より伝わりやすくなっていきます。
たとえば、1日だけ8時間集中したというよりも、10か月間毎日1日8時間集中して勉強したという方が集中力の高さが伝わりますよね。
そのように、数字を入れられるところが多いほど、伝わるので、自己PRではなるべくそうしていくと良いでしょう。

自己PRで集中力をアピールする方法2,複数のエピソードを用意する

 

自己PRで集中力の高さをアピールするためには、いくつかのエピソードを用意する必要があります。
というのも、ある特定の好きなことでだけ集中力が発揮されるということでは意味がないですよね。
ある特定のところでしか集中力が発揮されないのであれば、仕事上では発揮されない可能性があります。それでは魅力的に思うはずもないのです。

  • エピソードが複数あれば再現性が伝わる

ですが、自己PRの中でいくつかのエピソードがあれば、どうでしょうか。
いくつかのエピソードがあれば、自然と集中力がいろいろな場面で発揮されていることが伝わっていくでしょう。
それゆえに、自然とその集中力の再現性が伝わっていき、集中力が魅力的に思えてくるのです。
ですから、自己PRの集中力のエピソードは、いくつか用意するようにしていってください。

自己PRで集中力をアピールする方法3,仕事への活かし方を述べる

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ