Loading...

自己PRの書き方で就職を勝ち取るコツ

575

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRの書き方は就職を成功させるためにも重要なポイントになります。
自分の長所をうまく伝えながら、採用したいと人事担当者に思わせなければならないのが就職を成功させる秘訣です。
面接でも質問を重ねられるケースが多いため、自分の中の引き出しを増やしておくことも重要です。

自己PRの書き方1,まずは長所から述べる

 

pens-609210_960_720
履歴書に長所や短所を書く欄が別にある場合や、志望動機の欄が一緒になっていない場合は基本的に長所から書くのが得策です。
書き方としては抽象的な表現や比喩表現は可能な限り避け、エピソードなどを交えてわかりやすく書くことが重要で、人柄や性格がわかるような物が好ましいと言えます。

  • 抽象的な表現や比喩表現は可能な限り避けること!

就職を目指すのであれば、自分の個性や感覚を他人にわかりやすく伝えることは必要な技術です。
また、自己PRに自分はこうですと長所だけを書いても、それに説得力があるかは別な問題になってしまいます。
自己PRは会話のフックになる部分を作る必要があり、同時にある程度完結させなければ話のおさまりが悪くなります。
就職先に自分を売り込む気持ちと、綺麗にまとめる書き方が重要です。

自己PRの書き方2,話を広げて完結させる

 

就職の際の自己PRの方法で、エピソードを使った履歴書の書き方はわかりやすく、相手にも伝わりやすくする手法です。
一方で、あまりに小さすぎるエピソードでは人の関心を掴むのは難しくなります。
自己PRの書き方にはスケール感も重要で、そのエピソードの続きも含めて話を広げることは重要です。

  • 過去の経験から志望先の企業で活かせる能力をアピールする

例えば、希望する就職先でそのエピソードで話す学んだことが役に立つかどうかなどです。
志望動機に大きな配分をしている場合は控えでも構わない場合もありますが、ただ小さくまとめるだけでは、自己PRを読み始めても想像の範囲内で終わってしまいます。
面接や採用と言った次の就職ステップに進むには、良い意味で想像を裏切るようなサプライズを含めた上で、仕事で活かすと言う完結のさせ方が基本になります。

自己PRの書き方3,面接考慮に入れた内容が必要

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ