Loading...

自己PRの書式と”確実に”伝わる書き方

1846

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからは、書式で作成した自己PRの内容をさらに高めていくための手順になります。
まずは、エピソード中心で自己PRを作成しているかどうかをチェックしましょう。面接官は、あなたの経歴や経験を知るすべを他に持っていません。
映像に浮かぶような、豊かな表現で作成しましょう。

自己PRは第一文を意識

自己PRは、まず第一文で引き込みましょう。第一文を相手を引き込むという考えは、非常に大切です。
ここで興味を持ってもらうことで、その後どのような印象を持つのかということも大きく変化してきます。

自己PRは企業への貢献度を前後の具体例で示そう

問題解決をアピールする場合、問題発生の前と後でどのような変化があったのか、どれだけその解決に貢献したのかということを、書式に取り込むとさらに自己PRの内容がよくなってきます。前後の差こそが、そのエピソードを盛り立てるのです。

自己PRは読み直しと推敲を重ねるのが大事!

 

書式をもとに自己PRを制作した後は、ひたすら読み込みを行ってみましょう。
音読を繰り返し行うこともお勧めです。黙読の際には気付かなかったような細かいミスや些細な違和感に気が付くことでしょう。
ぜひ、強烈な印象を残せるような、自己PRを作成してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ