Loading...

自己PRの書類を書く上で気を付けること

252

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PR書類には、選考を通りやすいものとそうでないものがあります。
できることならば誰でも選考を通過しやすい自己PR書類を作りたいと思うものですよね。
そこでここでは、選考を通過しやすい自己PR書類の作り方を紹介していきます。

自己PRの書類にはタイトルをつけるようにしよう

 

fountain-pen-810540_960_720
まず意外なことかもしれませんが、自己PR書類にはタイトルをつけるようにするというのが効果的だったりします。
せっかく自作で自己PRを書類を作れるのですから、特にタイトルのないいつもの自己PRのようにするのはナンセンスです。
タイトルがあることにより自己PR全体が分かりやすくもなりますし、興味も引けるのですごく効果的なのです。

自己PRのタイトルはキャッチーに内容を言い表そう!!

もちろんそのタイトルは「自己PR」などというごくごく当たり前なものでは意味がありません。
自己PRは”キャッチーな言葉で端的に内容を言い表すことが出来るものにしていきましょう。
たとえば「○○で3年で利益を出します」とか、そういう言い方です。こういうものならぐっとひきつけられ、自己PRの印象が良くなるでしょう。

自己PRの一文は30字程度!!改行を入れること

 

自己PR書類は、見やすくするということもすごく大切です。それだけで通過率はあがったりするのです。
というのも、見やすくするという配慮が感じられれば、それだけで人間的に評価されますよね。ところがどれだけ大層なことを書いていても、見づらければそのくらいの配慮も出来ない人物として印象が悪くなるのです。
ですから、自己PR書類では見やすくするというのがすごく大切なのです。見やすくするためには30字程度で改行すると良いでしょう。

自己PRの書類にはまとまりごとに空白の行を入れて、段落を変えること

またそれだけでなく、空欄の行も作るようにしていきましょう。改行を入れるだけではまだまだ見づらいです。
ですが、ある程度のまとまりごとに空白の行を入れるようにすると、それだけでぐっと見やすくなります。
ですから、一つのまとまりが「。」までいったら、空白の行を作るようにしていきましょう。

自己PRは1段落ごとに小見出しもつける!!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ