Loading...

自己PRを就活生に聞く面接官の狙いとは?面接官の思惑と5つの題材

6579

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活中に必ずといっていいほど聞かれる質問が「自己PR」です。しかし、自分の強みや分析ができておらず、自己PRがなかなか書けない。また、書けてもこれでいいのかなという不安から逃れられない就活生は少なくありません。
今回は、そんな就活生の悩みを払拭するために、面接官が「自己PR」を質問する理由、また上手に伝える方法をご紹介します。就活生が悩む自己PRの題材を例として5つご紹介しますので、題材探しの手掛かりにしてください。

light-bulb-1417742_1920

面接官の意図

 

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」ということわざがあるように、まずは面接官のことを知らなければ、作戦を練ることはできません。そのため、まずは面接官がなぜ自己PRを聞いてくるのか知る必要があります。

「自己PR」を質問する理由は、入社後の活躍を見極めるためです。今後の活躍の可能性を見極める方法として、面接官は3つの項目をチェックします。では、どのようなチェック項目が設けられているのか、下記でご紹介します。

  • 意図①:目標設定の高さと達成のためのプロセス・行動能力

社会では、常に目標を定めて行動をしていかなければなりません。この目標がそのまま企業の衰退か存続かに影響してくるため、自分なりの目標を持ちつつも、企業の存続に貢献できる目標設定を社員に要求するのが社会の習わしです。
どれくらいの目標設定を基準としている就活生なのか自己PRで確認するのです。

すぐに達成できそうな目標を目指しているのか、高い目標を掲げ目指しているのかで貢献度や意識レベルの高さを見ています。また、どのような行動をするのかも判断材料になるので根深く聞かれる場合もあります。そのため、質問されてもしっかり答えられるように回答を事前に用意しておきましょう。

  • 意図②:1人で打ち込んだか?様々な人と手を組んで打ち込んだか?

どのような行動をしたかも大切ですが、それと同等に誰と行ったかも問われています。企業での仕事は、一人でこなしているように見える仕事でも、必ずチーム数名で取り組んでいます。そのため、集団で動けるかという協調性も重要視されるのです。

したがって、1人で打ち込んだことはあまり面接官に響きません。たとえば勉学というものは、1人で取り組むものなので「勉学を頑張りました」では、好印象を与えることはできません。しかし、「数学の答えを通常とは異なった数式で解けないかと友人と取り組み、教授も気づかなかった数式で解く方法を見つけることに成功しました。これがきっかけで、意見交換の重要性が身に付き、答えは決してひとつではないことを実感しました。」まで、伝えられると周りを巻き込んで取り組める学生と印象付けることができます。

仕事は、周囲の人と協力して行わなければなりません。その点も意識しながら、自己PRは仕上げていかなければならないのです。

  • 意図③:コンピテンシーレベルの把握

コンピテンシーレベルという行動特性も面接官は見ています。このコンピテンシーレベルは、5つのレベルに分けられていて、レベル4~5の就活生が選考の通過率が高めです。では、5つのレベルを見ていきましょう。

◆レベル1:受動行動

「誰かにいわれて行った」など、主体的ではなく受動的で場当たり的な行動。
深い考えや評価すべき行動が見つからないため、評価の対象にはならないです。

◆レベル2:通常行動
やるべきことをやるべき時にやった行動。
誰でもできる当たり前の行動になるので、こちらも評価の対象にはなりません。

◆レベル3:能動・主体的行動
複数ある選択肢の中から状況に応じて最善と考えられる方法を選択する行動。
状況判断や成功思考を感じさせるので、面接官は、就活生の意図やその選択肢を選んだ理由を聞きたくなります。

◆レベル4:創造、課題解決行動
問題に対して、最善の策を考えそれに独創的な考えや工夫を加えて状況を改善する行動。
その学生独自のユニークな工夫やアイディアに注目が集まります。質問が多く投げかけられることが考えられるので、しっかり回答を用意しておきましょう。

◆レベル5:パラダイム転換行動
既成概念に囚われるのではなく、まったく異なる状況を作り出す行動。
即戦力に成りうると面接官は判断するため、選考通過率が高まります。またレベル5は、どこの企業でも欲しているような人材像になります。

このように5つのレベル分けがされており、面接の通過率が上がるのは自ら問題を発見し、その解決のために行動できる「レベル4以上」です。しかし、このレベルにまで達している就活生はほんの一握りといわれています。
そのため、特に大手企業の選考を勝ち進んでいく場合には、一握りの学生しか持ち得ていない行動特性を身に付ける必要があります。

面接官の意図から導き出される自己PRの構成方法

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ