Loading...

自己PRを就活生に聞く面接官の狙いとは?面接官の思惑と5つの題材

5628

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

castle-1491603_1280

では、実際に今までのポイントを取り入れた例文をご紹介します。「縁の下の力持ち」を自己PRする際の例文です。

私は、今の自分に何ができ、どうしたら周囲の人へ貢献できるのか常に考え、周囲を巻き込んで行動ができます。
この力が実際に発揮されたのは、サッカー部に所属していたころのことです。補欠メンバーとレギュラーメンバーの溝を埋め、一致団結を成功させて初優勝を勝ち取りました。

当時のサッカー部は、優勝候補として注目を浴びており、レギュラーメンバーは補欠メンバーに対して、横暴な態度をとっていました。補欠である私はそんな態度を好ましく思いませんでしたが、学生最後の試合なので優勝を勝ち取りたいと思い行動に出ました。

まずは補欠メンバーが歩み寄らなければならないと思い、声をかけ、補欠メンバーをまとめ上げました。そして、補欠メンバーの存在意義を見せるために、レギュラーメンバーの強みや弱点を洗い出し、個人メニューを作り上げました。また、レギュラーメンバーよりサッカー場に早く来て整備し、練習に1秒でも早く取りかかれるように準備しました。2つの策により1ヶ月間後、レギュラーメンバーが受け入れてくれました。

優勝への気持ちがひとつになり、見違えるように強いチームになった結果、強豪校を倒し、初の優勝を勝ち取りました。

御社においても、結果を最高のものにするために障害をひとつずつ排除し、周囲の協力を得て、よりよい社会づくりに貢献していきたいと考えています。

まとめ

 

coffee-791438_1280

自己PRはただ自分の強みをアピールすればいいというものではありません。面接官がどのような意図で質問し、何を判断基準にしているのか把握してから自己PRを仕上げると通過率が上がります。

また、構成のポイントは3つです。まずは、企業が求める人物像にマッチした内容を選出しましょう。軸が完成したら、結論を先に述べPDCAサイクルを本論に入れ込み、最後にどのように仕事に活かせるのか伝える構成で自己PRの内容を作る点がポイントです。

自己PRと聞くと、○○力とありきたりの言葉を使いがちですが、自分なりの言葉で表現した方が、就活生の人となりを知ってもらえます。
アイデンティティを意識した自己PRを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ