Loading...

自己PRを自由書式で魅力的に書く方法

2685

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRを履歴書などに自由書式で書く場合、どのように書くべきか迷う方も多いのではないでしょうか?
そういう自由記入欄などのスペースは自己PRに活用すべき箇所なのです。
ここではそんなエントリーシートの自由に使えるスペースを利用した自己PRの方法を紹介します。

自己PRを自由書式で作成する方法1,人格面のアピール

 

hand-791230_960_720
そういう自由なスペースでは、内面的な部分をアピールするという自己PRが一番です。
基本的な構成は、エントリーシートなどに書いた本編の自己PRをさらにコンパクトにしたような構成にして、「私は○○な性格です。」「それにはこんなエピソードがあります。」「それをこんな風に活かしたいです。」というような形で自己PRしていくと、良いアピールとなるでしょう。

  • 企業が求めている性格を調べておくこと!

そのためには、きちんと求められる性格を調べていく必要があります。
相手に求められるような性格をアピールしていかないことには、どれだけ性格を自己PRしていっても意味がありませんよね。
ですから、きちんと意味のあるアピールが出来るように求められる性格を調べておく必要があるのです。
企業研究をして自由欄で的確にアピールしていきましょう。

自己PRを自由書式で作成する方法2,イラストや表をつけると良い

 

それにくわえて、イラストや表をその自由なスペースに記載していくと尚良くなります。
絵やイラストが入ることにより、エントリーシート全体もとても見やすくなりますし、人柄が伝わるようになるでしょう。
ですから、効果的に内面をアピールできる自己PRとなるのです。
絵が得意ならイラスト、苦手なら表などでアピールすると良いでしょう。

  • イラストや表は自己PRでなくても関係のあるものなら何でもOK!

それは何も、その自由な欄の自己PRに関するイラストや表である必要はありません。
もちろんそこに関することでも問題ないですが、エントリーシートの自己PR欄に書いたことに関するイラストや表でも良いですし、それ以外にエントリーシート等に記載ことに関することでも良いのです。
書きやすいところを採用すると良いでしょう。

自己PRを自由書式で作成する方法3,文字の大きさを変える

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ