Loading...

自己PRシートを就活生が書く時の注意点

432 views

就活では、いかにうまく自己PRをしていくかで勝負が決まるところがあります。
ですから、自己PRシートの書き方というのもすごく重要なのです。
ここでしっかり印象を良くしていかないと、上手く先には進めないでしょう。
そこでここでは、印象を良くするための自己PRシートのポイントを紹介します。

自己PRシートでは性格とスキルをアピールしよう

 

hands-1063442_960_720
自己PRシートで大切なことは、性格面でのアピールと、スキルでのアピールを両方こなすことです。
就活では、その二つのアピールをすることがすごく大切になるのです。
性格だけでは戦力になれるのか分かりませんし、スキルだけでは人間的に一緒に働きたいと思えない人物だと思われる可能性もあります。
ですから、両方のアピールをすることが大切なのです。

自己PRシートでは性格とスキルのどちらかをメインに据えること

自己PRシートでは両方を同じくらいにアピールしようとすると、どっちも上手くアピールできなくなります。
自己PRシートにはどちらかをメインに据えて、うまく自己PRシートのエピソードの中でアピールするようにしていくと良いでしょう。するとバランスよくアピールできるようになり、印象の良い自己PRシートとなります。

自己PRシートには”エピソード”を必ず盛り込む

 

自己PRシートに記載するエピソードの中では、メインでない方のアピールポイントを主張していかないとなりません。
メインの方のアピールポイントを自分が持っているということも証明していかないとなりません。
ですから、必然的に、自己PRシートの中でもエピソードに文字数を割かないとならないことになるのです。
自己PRシートでは他のところが長くなりすぎないように気をつけましょう。

自己PRシートには具体的な工夫や努力を記載!!

具体的にどういう感情になり、どういう努力をして、その中でどういう工夫があったのかということを話していくと、証明にもなります。
かつ性格面でのアピールもでき、印象の良いエピソードとなるでしょう。

【完全保存版】就活で面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。

自己PRシートの最後には”自分の能力の活かし方”を記載

 
トップへ