Loading...

転職時の自己PRで”絶対に押さえるべき”ポイント

1702

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職自体がやめることで次の可能性を見つけるためにする大事なイベントです。
特に転職で大切になるのが今までの経験、スキルを自己でいかに伝えれるかにあります。
そんな自己PRでのポイントや大切なことについてお話しします。

転職での自己PRポイント1,前職で何を・どのようにやってきたのか

 

-shared-img-thumb-LIG_soregaichibandaijis_TP_V
転職活動では今までのキャリアや経験などのエピソードをいかに採用側が会いたいと思える内容を書くこと、伝えることが大切です。
特にその中でも自己PRは、相手に自分がどんな存在、どんな人間なのかを伝えるために大切です。
そんな、自己PRでのポイントは、何をやってきたか、何ができるか、志望する企業の可能性やどうしていきたいかです。

転職時の自己PRは具体的な数値を交えること

何をやってきたかは、今までの複数の会社での経験より直近での経験を数値などの具体的な数値を交えながら、語ることが必要です。細かなより明確な数値の方が採用側かイメージしやすいです。
ただ、内容が人物像と全く合致しないような飛んだエピソードを書くことは避けた方がいいです。”

転職での自己PRポイント2,何が出来るのか

 

転職での自己PRでは、何ができるかのが一番のポイントになってきます。
自分ができることを伝えることができなければ、いくら魅力的な経験でも意味がないです。
さらにそれが会社の求めている人材、仕事とマッチしたスキルや人物でないと内容が全く関係なくなってしまいます。
何が一番できるのかを一つか、二つに絞ってエピソードとの一貫性を持たせることが大切です。

自己PRで企業への熱意を伝えること

自分の可能性を伝え上で志望する企業への熱意を具体的に伝えることが大切です。
ここが抽象的にただやりたい、これができますなどの内容だと他の企業や業界でできるようはニュアンスを与えてしまいます。
ここはきちんと志望する会社を理解した上での内容が大切です。”

転職での自己PRポイント3,人物像を伝える

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ