Loading...

転職活動で押さえるべき職務経歴書のポイント

285

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動をお考えの方は職務経歴書の存在をご存知でしょう。
新卒時の採用時には使用していないこの書類は、転職活動の成否を分ける重要な要因。
なぜなら、転職活動での自己PRの核となるものだからです。今回は自己PRと職務経歴書の関係について考えていきます。

転職活動に必須の履歴書・職務経歴書の違いとは?

 

schreiber-686289_960_720
さて、転職活動には必ず提出すべき書類が2つあります。履歴書、職務経歴書の2つ。違いはお分かりになるでしょうか。
大雑把に言ってしまうと履歴書は、志望者の基礎情報の基礎情報や志望動機からこの会社に適する人材か否か判断するもの。
職務経歴書は、志望者の職歴、経験業務から企業に入った時に活躍できるかどうか判断するもの。さて、もう少しかみ砕いてみましょう。

  • 履歴書は足切りの判断に使われるが職務経歴書はプレゼン資料と思おう!

履歴書は、通勤可能か?転職癖はないか?学歴は?希望給与の認識に差はないか?といった、語弊を恐れずに言うと所謂足切りの判断に使われるものです。
主体は企業側にあります。逆に職務経歴書は、足切りラインを突破した志望者側が企業側に自己PRとして提出するもの。面接では職務経歴書を資料と思い、自分をプレゼンする気持ちで自己PRを行いましょう。

企業は少人数を面接したい!職務経歴書には力を入れること

 

前項では、自己PRのため職務経歴書をプレゼン資料と思って作成しましょうと書きました。これは非常に重要です。
採用側は「○○な人材が欲しい」と中途採用の募集をかけます。そして志望者の側は「直接話が聞きたい」と思うはず。
もちろんこれは簡単なことではありません。実は企業は採用活動にかなりお金をかけています。また、面接するのは現場の社員するのは少人数でと思っている場合も少なくありません。

  • 企業が求める人材をよく考えて職務経歴書を作ろう!!

基本的に現場社員の意見を重要視する傾向があるため、「面接に行くのは少人数で」と考える企業が多いは事実です。
さらに、かなり前から予定されている新卒採用に比べて、中途採用はこういう傾向が強いことも。
こうした中でいかにうまく自己PRできるかが重要です。職務経歴書の書き方の基本的なテクニックは他の書籍に任せるとして、
今回押さえておいてほしいのは「求める人材を考える」の1点。次項ではこの部分を説明していきます。

求める人材像を考え職務経歴書のテーマを決めること

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ