Loading...

面接の断り方とは?悪印象を与えない方法3選

243

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何が起こるかわからない就職活動。

面接の予定が入っているのに、どうしてもキャンセルしなくてはいけない場合もあるでしょう。

でも相手も時間を割いて面接を予定してくれているのですから、できるだけ失礼のない形の断り方をしなくてはいけませんよ。

今回は面接の断り方についてまとめていきます。

面接の断り方1,スピーディーに連絡すること

 

railway-station-619082_640
面接を受けないということを決めたら、すぐに企業側の採用担当者に連絡を入れましょう。

企業側も、わざわざ時間を確保して、面接の時間を取ってくれています。

その時間が無駄にならないように、面接を断ることを決めたらなるべく早く連絡をすることが大切です。

断り方のタイミングですが、どんなに遅くても面接前日には連絡を入れなくてはいけません。

  • 当日に面接をキャンセルするのはマナー違反!!

基本的に当日面接をキャンセルするのは、社会人としてのマナー違反です。

事故や災害などの不測の事態以外は、当日キャンセルは絶対に避けるようにしましょう。

社会人としては、自分の都合だけではなく採用担当者の事情も考えられなくてはいけません。

面接を辞退することを決めたら、なるべく早く連絡するのが断り方のポイントです。

面接の断り方2,謝罪の気持ちを必ず伝える

 

どんな理由があるにせよ、一度決めた約束を覆すのですから、誠心誠意謝る姿勢を見せなくてはいけません。

「迷惑をかけて申し訳ない」という気持ちが伝わるように、謝罪を込めた断り方をするようにしましょう。

採用担当者に電話をかけ、面接を辞退することを伝えましょう。

メールでも構いませんが、担当者が見ていない可能性もあります。電話のほうが確実に伝わりますよ。

その際、忙しい朝早くや昼食時を避け、相手にも迷惑にならない時間を選ぶことが大切です。

  • 名前・大学名・面接予定日時・辞退理由も必ず盛り込む

具体的な面接の断り方は以下のとおりです。これらのことをまとめて伝えましょう。

・自分の名前
・自分の大学名
・面接予定日時
・面接を辞退する理由
・「迷惑をかけて申し訳ない」という謝罪の言葉

相手企業側の担当者にも、誰から電話がかかってきたか明確にわかるような断り方をしてください。

また、担当者が不在の際には伝言を頼んでも構いませんが、その時に電話を受けた人の名前を必ず聞くようにしましょう。

もし伝言がうまく届いてない時のトラブルを回避するためですので、忘れないようにしてください。

面接の断り方3,辞退理由を聞かれたら正直に答える

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ