Loading...

面接の日程調節のメールを送る時のマナー

422

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接の日程調整をメールでやりとりする場合、ここが初めてのメールでのやりとりとなる人もいるでしょうから、なかなかどのようなマナーがあるかわからないものですよね。そこでここではそんな方の為に、面接の日程調整メールのマナーについて紹介します。

日程調節のメールを送る時のマナー1,件名で要件を理解させる

 

www-637005_640
面接の日程調整をメールでする際のマナーとして最初に紹介するのは、件名だけで用件が分かるようにするということです。

ビジネスメールでは件名というのはすごく重要です。ビジネスマンは一日に何通もやり取りしなければならないので、件名だけで用件が分かるようにしないとならないのです。ですから、面接の日程調整のメールでも「面接の日程調整のご連絡 ○○大学○○」と件名だけで誰からのどんな連絡かが分かるようにしましょう。

  • Reはひとつだけにすること!!細かいマナーが見られている

最初のメール以降は、「Re:」で返信しても構いませんが、その場合も「Re:Re:」とならないように、「Re:」は一つだけにするというマナーがあることを知っておいてください。

まずはこの件名で、その人がメールのマナーをしっている人かそうでない人か判断されるので、ここには気をつけましょう。

日程調節のメールを送る時のマナー2,再度日取りを明記

 

面接の日程調整をメールでする際には、相手からこの日はいかがですかと先に言われている場合もありますよね。

そういう際には、こちらからメールを送る際にも、「頂いた日程で問題ありませんので、よろしくお願い致します。」と送るのではなく、「○月○日○時、○○に伺わせて頂きますので、是非よろしくお願い致します。」と、再度明記するようにしましょう。

  • 日程の再確認が双方の勘違いを無くす!

再度明記しないかぎり、面接の日程が来るまで、もしくはその直前までそのことに気が付かないものです。ですから、面接日程の調整メールでは、必ず双方で日程を明記し合うことがマナーとなっているのです。
「株式会社○○ ○○様 ○○大学○○学科○○学部○○と申します。」と名乗りを入れた後に、上記のように日程を再度明記しましょう。

日程調整のメールの内容としては、このくらいで十分なので、最後に「面接の為にお時間を頂き誠にありがとうございます。当日は何卒よろしくお願い致します。」と挨拶をいれ、署名を入れて、メールをしめましょう。

日程調節のメールを送る時のマナー3,複数候補を提示

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ