Loading...

面接前に準備しておくべき3つのこと

面接は、何の準備もなしに突破できるような甘いものではありません。とはいえ、面接の前にどんな準備をしておけばよいのかということが分からないという方も少なくはないでしょう。ここではそんな方の為に、面接の前に最低限準備しておくべきことについて紹介します。

面接前に準備すべきこと1,将来の目標を答えられるようにしておく

 

adult-15814_640

面接では、将来の目標を聞かれることが多いです。それはエントリーシートなどには書いてないことが多いでしょうし、改めて面接で聞かれることが多いのです。
しかし、こういう質問には、しっかり企業研究をして、これからその会社がどんな仕事をしようとしているのかを確認し、そのうえで準備していかないとしどろもどろになり上手く答えられませんよね。

ですから必ず面接前に、将来のその会社での目標を準備しておくようにしましょう。

  • 将来のビジョンがはっきりしている人は面接でとても評価が高い!!!

将来の目標がある人とない人ならば、明らかに前者の方が熱意があるという評価を受けます。
しっかり面接前にその会社の将来について調べ、それとリンクするように自分のその会社での将来の目標について準備していきましょう。

面接前に準備すべきこと2,何故その会社でないとだめかを説明すること

 

面接前に準備しておくべきこととして、次にいえることは「どうしてその会社でなければだめなのか」ということを説明するための準備です。
志望動機や自己PRなどを魅力的なものにして、面接で好印象を与えるためには、必ずこの「どうしてその会社でなければだめなのか、他の会社ではなぜだめのか」ということを説明しなければなりません。

  • 企業研究をしっかりとして数ある企業の中から選んだ理由を説明しよう!!

今一度自分のエントリーシートの志望動機や自己PRを確認してみて、なぜその会社でなければだめなのかについて説明が甘ければ、事前準備としてそこについての補足説明を作り上げておきましょう。

面接でここの部分の説明が甘いと、突っ込まれたりすることもあります。
突っ込まれなくても魅力的には見えないですし、突っ込まれたら突っ込まれたで、事前準備しておかないと絶対にうまく答えられないでしょうから、面接前に、この「どうしてその会社でなければだめなのか」という点について改めて考えていってください。

面接前に準備すべきこと3,自分についてのエピソードの準備

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

このコラムに関連付けされたキーワード

 
 
トップへ