Loading...

30代で公務員に転職する方法まとめ

847

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員になるためには公務員試験を受けるのが一般的ですが、通常の試験は29歳までで受験資格がなくなってしまうのが特徴です。
30代になってから公務員への転職を目指す場合は、社会人経験者枠の公務員試験か、各自治体独自の中途採用枠を活用することになります。

30代で受けられる公務員試験は限られる!!

 

gahag-0027115106-1
30代で公務員への転職を目指す場合は、大きな制限を受ける事になります。
特に地方上級や国家一般職などの採用人数が多い試験を受ける事が出来ず、警察官や消防官への道も閉ざされた状態になってしまいます。

  • 社会人経験を積んだ人にのみ受験資格が与えられる

30代で受けられる試験は、基本的に社会人経験を積んだ人のみ受験資格を貰える公務員試験枠になり、同じ企業や職場にどれだけ務めたかが問題となるケースがあります。
これはパートであるか正社員であるかの雇用形態は問題にならず、週当たりの勤務時間や勤務日数と、転職を行わずに同じ職場にどれだけいたかが問われるケースも有ります。
公務員は安定して仕事が出来るかが重要視されるため、一つの職場に長くとどまれない人はそれだけでマイナスになってしまう可能性があるのです。

国家公務員は39歳が上限になる

 

30代で公務員を目指す場合の目安は、国家公務員の社会人経験者枠の採用試験が39歳までであることを覚えておく必要があります。
40歳以上になってしまうと受験資格を失ってしまう事になり、国家公務員になる事が非常に難しくなるのです。
30代は国家公務員への転職の最後のチャンスと言えるのです。

  • 事務系と技術職は毎年募集がある

職業区分は事務系と技術職になっており、毎年募集が行われているのも特徴です。
また、勤務や配属が地方からになる事もあるのが特徴と言えます。
各省庁には地方局があり試験も全国各地で開催されるため、転職とイコールで引っ越しが伴うとは限らないのです。国家公務員は勤務地も広く、場合によっては転勤と言う形で対応する形になります。

地方公務員はさらに受け入れ基準が変わる

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ