Loading...

「あなたの学生時代に頑張ったことは何ですか?」の回答で”エピソード”の選択は重要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたの学生時代に頑張ったことは何ですか?」

この記事を読んでいる就活生のみなさんはあと何回、面接でこの質問をされるのでしょうか?面接の定番とまでいえるこの「学生時代に頑張ったことは何ですか?」という質問。

今回の記事では、このエピソードの選択は重要かどうかという点について書きます。
企業によって、学生時代に頑張ったことという質問に対して見ているポイントは全く違うので一概には言えません。
しかし、結論から伝えると学生時代に頑張ったことの具体的なエピソードは非常に重要だと思います。あくまで私の意見なんですけどね。

“学生時代に頑張ったことの中でも、一番自分のことが伝わるエピソードを話すのが一番良い。”

これは当然ですが、それでもどんな話が良いかと考えてしまう人は多いので、回答が多い順にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

学生時代に頑張ったことのエピソード一一覧

 

superhero-534120_640

  • 学生時代に頑張ったこと1、アルバイト

アルバイトは”学生時代に頑張ったこと”に選ぶ人が最も多いのではないでしょうか?
面接をしたことある方ならわかると思いますが、”学生時代に頑張ったこと”のエピソードでは人気の解答ですよね。
アルバイトの良いところとして、働いてお金がもらえるということや、価値提供をしてお客様に喜ばれるという体験、チームで何かを生み出すことなどは素晴らしいと思います。
でも、学生時代に頑張ったことのエピソードのひとつとしては、本当に多い回答のひとつです。

  • 学生時代に頑張ったこと2、遊び系・スポーツ系サークル

これは”学生時代に頑張ったこと”への解答で、二番目に多いですね。
そして、だいたいみなさん幹部なんですよね。(笑)
サークルの目的は仲の良いもの同士の自己完結型であるのに対し、ビジネスは赤の他人に対する価値提供がベースになっています。
面接中、「サークルで幹部として○○という工夫をしたから、このような結果が出た」と言われても正直、再現性が低く見えてしまうこともあります。
遊び系・スポーツ系サークルのエピソードの良いところとしては、合宿や○○会などのイベントが多く、イベントでは普段と違う行動をするので、ことが意外と多いということですね。

  • 学生時代に頑張ったこと3、勉強系サークル・学生団体

この”学生時代に頑張ったことエピソード”を聞いている限り一見、優秀そうには見えます。
専門用語をやたら使う人が多いのはこの人たちですね。
しかし、勉強系団体のような名前だけれども、勉強より交流が中心になっていることを知っている面接官も多いんです、実は。(笑)
この”学生時代に頑張ったこと”エピソードの良いところは、社会人と触れ合う機会が多いため、ある程度のビジネスマナーや、礼儀がわきまえているところであったり、機会がたくさん提供されるので大人とのコミュニケーションに長けていることだと思います。

  • 学生時代に頑張ったこと4、大学のゼミ、研究室

16卒限定!LINE相談会実施中!

 
Friends Added

特大注目コンテンツ!

 

17卒限定!LINEで就活のはじめ方教えます

 
Friends Added

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ