Loading...

SPI検査における適正検査での評価について

553

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業が面接や筆記試験の他にも重視するようになっているのが、委託によって試験を受ける形態のSPI検査です。
実に多くの問題を解くことで、受験者の本当の能力や性格を判断しようというものです。その中でも適正検査について述べていきます。

SPIで適正検査を行うのは公平な検査が必要だから!!

 

pencil-1067670_960_720
面接で就職希望者と面談をしても、その人柄を判断するのは難しいものです。
さらに面接官によって判断基準も異なるために、公平な検査が必要とされていることを背景に需要を集めています。
そのためにこれまでのような対策は難しいと考えられることも多いです。

  • 適性検査では能力の他に性格・モノの考え方を見ている

SPIにおける適正検査では、能力の他に性格やモノの考え方をみることになります。
その理由としては、たとえ技能などが優れているとしても、協調性に欠けたりワンマンな行動を取ったりなど、社会性に欠けるような人は避けたいからです。
それを全ての人が平等に受ける客観的な試験によって判定することが可能となるわけです。

SPI検査の適正検査への対策

 

SPIは企業が信頼するに足る工夫があります。
実務能力を問う能力試験では、正解率の分布を分析することによって仕事の癖を見抜くことも可能となっています。
同様に適正検査でも、自分の性格を偽った答えを選んでも見破る問題が散りばめられています。

  • 行動的側面と意欲的側面、情緒的側面の意味を知ること

とは言え、全く手が無いわけではないものです。
そもそもSPIでどのような人材を必要とされているのかを考えることで、適正検査で求められる答えがわかるようになります。
企業では自主性のある人材を求めています。それを判定する検査は、行動的側面と意欲的側面、情緒的側面の3つのアプローチをとっています。
それぞれの意味を知ることで、ある程度の対策は立てられます。

SPI検査の適正検査の3つの側面とは

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ