Loading...

海外インターンシップのいろはと9割の大学生は知らない真実【体験談】

5538

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外インターンシップ

海外インターンシップが今熱い!

近年、いろいろなところで「グローバル人材」とよく聞くようになりました。最近では、東南アジアでのスタディツアーや語学留学などが流行しつつあります。
そういった背景もあり、

「自分も海外に行かないといけないのかな?」

と思っている人も少なくないと思います。
僕もそうでしたが、海外で働くと一言で言っても、「海外」に行って「何をしているのか」ということが、なかなかイメージが浮かばないと思います。

就職活動だけでなく、これからグローバルと叫ばれる中、「海外で働く」ということを実際に体験しているというのは、非常に良いのではないかな、と思います。どれぐらいの語学力があれば実際に現地で住んだり働けるのか、どういうリズムで働いてるのか、一緒に働く人はどんな人なのか・・・。海外旅行したことある程度では、正直全然分からないことばかりです。

そこで、僕のシンガポールでの海外インターンシップの体験をシェアしたいと思います。
今回は業務メインです。

僕の体験談!海外インターンシップしたきっかけ⇒学内のチラシ

statue-of-liberty-1433761_1920

きっかけは、たまたま学内のチラシを見たことでした。それは、シンガポールでの10日間の滞在で、現地のシンガポール国立大学の学生の家でのホームステイ&現地日系企業でのインターンシップというプログラムでした。

現地日系企業でのインターンシップでは、現地の社員の方に同行させていただいたり、業務に混ぜていただくのがメインで、「英語は必要ない」という但し書きに、英語にかけらの自信もなかった僕は背中を押され応募していました。

海外に対して漠然とした憧れと必要性は感じていたし、英語が必要ないのであれば、僕にとって理想的なインターンシップだと思えました。
もちろん、就職活動でのアピールポイントが増えるな、なんて甘い考えもありました。

実は甘くなかった海外インターンシップ!英語は必須

シンガポールについてから4日目、某旅行代理店でのインターンシップが始まりました。その会社にはもう1人の女の子と2人で派遣されました。

初日は、社内の朝礼で自己紹介をしました。さすが現地法人だったので、日本人以外の社員の方も居たので英語で自己紹介をしました。そのあと、インターンシップ中の業務を始めて知らされたのですが、女の子はツアーの立案業務、僕はトラベルデスクでのカウンター業務ということでした。トラベルデスクっていうのは、普段旅行に行こうと思った時に相談しに行くあれです。あのシンガポール版だと考えてください。

基本的には、旅行プランの相談やチケットの予約や受け渡しが基本業務になります。僕は、JRレールパスという外国人向けのJR乗り放題チケットを売る業務が担当になりました。そうです、シンガポールの人とお話をするんです。「英語は必要ない」という文言は、見間違いかのように思えました。

最初は話せなかったけど徐々に英語で会話ができるようになった

「業務で英語を使うなんてとてもとても・・・」という状態だったのですが、そうも言ってられないので必死に一言一言をメモしました。しどろもどろになって話すぐちゃぐちゃな英語を、ニコニコと聞いてくれたお客さんには今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

3日目にもなると、さすがに同じ説明文は覚えきって、メモを見ることもなくなりました。また、「大阪に行くんだけど、どこか良いとこ知ってる?」と聞かれれば、「ここがおすすめです!」なんてお客さんと少し会話をしながら決済をしたり、書類を作る余裕も出てきました。
インターンシップ中は、他にも支店長のランチミーティングに連れて行っていただいたり良い機会もいただけました。

英語が苦手な僕が1番話す職についたからこそ得た貴重な経験

「英語は苦手」なんて思っていたけど、結局のところ同期8人の中で、恐らく1番英語を使い、社員さんからは手放しで業務に携われたと思いました。
行く前にはこんなことになるとは思いもませんでしたが、今思い返しても非常に良い経験だったと思います。

やっぱり海外インターンシップはオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ