Loading...

インターンシップとは?利用するメリットと目的

404

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターンシップとは?と聞かれてすぐ答えが出てくる学生さんは少ないと思います。
就職活動時期に近づくと、何かとインターンシップという言葉をよく耳にするようになります。
そもそもインターンシップとは何なのか、そしてインターンシップを利用するメリットは何なのか、具体的に紹介していきます。

インターンシップとは職場体験のこと

 

gahag-0029461043-1
多くの就活生が「インターンシップって言葉はよく聞くけど、いまいち何なのかよく分からない」という声を聞きます。
インターンシップとは、簡潔にまとめると「職場体験」です。
昔に多くの方が職場体験を経験したことがあるのではないでしょうか。
大学3年生になり、就職活動開始の前に、一部の企業で研修生として働き、自分が求めている仕事や業界の内容を身を以て体験します。

  • 大学側がインターンシップへの参加を援助してくれるところも!

もちろんインターンシップは参加自由ですが、就職した企業とのミスマッチを最小限に抑えることが可能になります。
今では大学側が生徒にインターンシップを利用するように促し、単位を取れる状況になっています。
インターンシップの目的とは、就活生と企業のミスマッチを防ぎ、相互理解を深める制度という認識で良いでしょう。

インターンシップとは就活生と企業のミスマッチを防ぐ制度

 

おそらく就職活動が始まると誰でも「新卒は3年以内に3割もの人が退職する」という言葉は聞かれるでしょう。
主に退職する理由ランキングとは、「仕事が合わない、つまらない、モチベーションが上がらない」といった様に、理想と現実のギャップによって退職される人が多い現状です。

  • 「3年以内に3割離職」問題を解消する効果がある!

もちろん、職場内との人間関係の悪化という理由で退職される人も多いですが、インターンシップを利用する事で企業の社風、職場環境も知れるわけです。
インターンシップとは、仕事を知れる、職場環境を知れる、という意味でも利用する価値は大いにあります。今後の課題としてあげられ続ける「3年以内に3割離職」の問題は、インターンシップによって少しづつ解消される期待感があります。

インターンシップを利用するのメリット

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ