Loading...

インターンシップを経験する意味と メリット

564

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターンシップとは何か知っていますか?そしてインターンシップを行う意味とは何でしょうか。
インターンシップを行うことで、就活に有利になったり、給料がもらえたりすることもあるのです。
ここでは、その気になるインターンシップを経験する意味について理解していきましょう。

インターンシップを行う意味とは?

building-978253_960_720
そもそもインターンシップとは、学生が企業などで一定期間仕事を体験することを意味します。
これは、就職をするにあたって、仕事を経験することでその仕事が企業や自身に合っているかどうかを確認する意味もあります。
インターンシップはアルバイトとは、働くという意味では同じですが、その働き方が違ってきます。

  • 就活生と企業のミスマッチを防ぐ意味がある!

まず、学生のみ応募が可能なこと。このインターンシップは、学生を支援する制度になるため、学生しか応募ができません。
そして、お金が目的ではないこと。インターンシップは、仕事を経験することで、経験や成長・スキルアップを目的としているものです。
更に、インターンシップは自分で考え働くということが必要になってきます。アルバイトのようにマニュアルがあるわけではないのです。

インターンシップの期間とそれぞれの意味

インターンシップには、長期のものと短期のものがあります。

  • 長期のインターンシップは社員と同じ現場で働くスタイル

長期のインターンシップを行う意味は、仕事をしながら、週に1回から3回程度ですが社員のように出勤をし、同じように仕事をする場合が多く、その社員と接することで、会社や仕事をじっくりと知ることができます。
更に経験に伴って知識などが身につきますので、就活に有利となります。

  • 短期のインターンシップは企業を知るスタイル

短期のインターンシップを行う意味は、夏休みなどを利用して行うことが多いので、多くの学生が参加します。
主にディスカッションの形式やグループワークなどの課題をし、プレゼンテーション形式での発表などをすることで、仕事の実務に役立つ手法や考え方などを学ぶことができます。どちらかというと、企業のことを深く知る方が目的になっています。

このように、それぞれの特徴とその意味があるので、自分はどちらの形で参加をしてみるのか考えてみましょう。

長期インターンシップに参加する意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ