Loading...

自己PRでムードメーカーをアピールする方法

751

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRでムードメーカーを魅力的にアピールする方法を紹介します。
自己PRには様々なアピールポイントがあります。
中には、その明るい性格を武器にしようと、ムードメーカーであることを自己PRでのアピールポイントとしている方もいるでしょう。
ですがムードメーカーをアピールするには多少のコツがいります。

自己PRでムードメーカーをアピールするコツ1,持ち前の明るさの活かし方を述べる

 

girl-1083441_960_720
ただムードメーカーであるとだけ言われても、それが仕事に何の役に立つのかということが分からないと良いアピールにはなりません。
ですから、面接の自己PRでムードメーカーであることをアピールポイントとしようと思ったら、その持ち前の明るさを仕事にどう活かすかということを述べていかないとならないのです。

  • 仕事上で活かせるムードメーカーをアピールしよう!!

たとえば、「私のアピールポイントはムードメーカーである点です。」と最初に述べたとします。
それから「その点を活かして、将来的には、職場になじめない社員や、仕事に悩む若い社員を積極的にコミュニケーションをとっていけるチームリーダーになりたいと思っています。」というように述べていけば、その能力をどう活かせるかを伝えていくことが出来るでしょう。
それはとても良い自己PRになるはずです。

自己PRでムードメーカーをアピールするコツ2,根拠となるエピソードを述べる

 

ムードメーカーであることを自己PRで述べる際には、やはりその明るさを証明するようなエピソードが必要です。
自分でムードメーカーだと言われても、いまいち信用は出来ませんよね。
ですから、必ずそれを証明するためのエピソードが必要になります。そして、その証明のエピソード自体にもあるコツがあります。

  • 「人からムードメーカーだと言われた」エピソードを紹介しよう!

そのコツとは、なるべく人からムードメーカーだと言われたエピソードにするということです。
「こんなことがあったから私は自分でムードメーカーだと思った」と述べるよりも、「こんなことがあって、その際に人からムードメーカーだと言われた」というエピソードの方がよほど信憑性は高いですよね。
ですから、自己PRでのムードメーカーであることを証明するエピソードは、人から言われたというエピソードにしてください。

自己PRでムードメーカーをアピールするコツ2,ハキハキとした声で話す

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ