Loading...

圧迫面接を突破し合格を勝ち取るためのコツ

379

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

圧迫面接は、ちょっとした合格フラグとも言われています。
ですから、ここさえ乗り切れば合格を勝ち取ることができる可能性は非常に高くなるのです。
以下では、そんな圧迫面接を突破し、合格を勝ち取るためのコツをご紹介させて頂きます。

圧迫面接対策1,反論しない

 

1024-cc-library010000015
圧迫面接で見ているのは、相手を論破する能力ではありません。
ですから、無理して反論したりする必要はありません。無理して反論して論破しても、それは合格にはつながりません。

  • 一度は相手の意見を飲み込むこと!冷静な対応が求められる

圧迫面接で見られているのは、ストレス耐性と、そいう困難な状況をどのようにやり過ごすことができるかということです。
無理して反論したりしないで、とにかく相手の意見を認め、その場をしのぐようにするということがオススメです。
何を言われても「おっしゃる通りです。」「申しわけございません。そこまで考えが及んでいませんでした。」などとしておけばよいでしょう。
無理して言い返そうとしていくと、引き際がわからなくなり、変な沈黙がずっと続くような状況に陥ったりします。圧迫面接で合格を勝ち取るためには、そうなってしまうことを避けることが最善です。
そのためにも、圧迫面接では無理して反論したりせずに、相手の意見は相手の意見として認めるようにしましょう。

圧迫面接対策2,逆に教えを乞う

 

ただ、そうして謝ったり意見を飲んだりしているだけでは、やり過ごせないような場面も、圧迫面接では確かに登場します。
たとえば、「あなたはこの会社には向いていないと思う。」と言われるような圧迫面接であれば、「おっしゃる通りです。」とだけ答えてしまっては、おかしなことになり、到底合格にはつながらないですよね。

ですから、そのように謝ったり意見を飲んだりするだけではやり過ごせないような場面では、逆に面接官に教えをこうようにしましょう。「具体的にどういう点で私がこの会社に向いていないと思われたのか、参考までにお伺いしてもよろしいでしょうか?」と冷静に答えるようにしてください。するとうまく圧迫面接を切り抜けることができるようになり、合格を勝ち取ることができるでしょう。

  • 語気を荒げないように注意!あくまでも冷静に聞くこと

ここで重要なのは、あくまでも冷静に聞くようにするということです。
ともすれば、聞き方次第ではムッとしているような印象を与えてしまうような言葉です。
あくまでも冷静に、語気を荒げないで聞くようにすることが、圧迫面接で合格を勝ち取るためのコツです。

圧迫面接対策3,演技だと理解する

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ