Loading...

自己PRで旅行経験をアピールする3つの方法

630

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRで旅行での経験をアピールする方法をご紹介します。
旅行で経験をした出来事をやはり就活でも活かしたいところ。
自己PRなら旅行での経験を上手くアピールできます。では以下で、旅行での経験を自己PRでアピールする際の方法を見ていきましょう。

自己PRで旅行での経験をアピールする方法1,結論から始める

 

road-166543_960_720
旅行した経験や、旅行でおこったハプニングなどをダラダラと説明していても、それは全くなんのアピールにもなりません。
旅行での経験を自己PRでアピールする際には、その旅行での経験を通して何をえたのかということを最初に述べていく必要があります。
その後で、旅行の話をしていけば、インパクトもありつつきちんと伝えるべきことは伝えられるでしょう。

  • 旅行での経験から得たものを説明する

例として書き方をあげていくとしたら、「私がアピールしたいのは、○○の力です。」「私がその能力を実感する経験をしたのは、○○に旅行をしている時でした。」というような流れで始めると、全体的に良い流れで話を進めていくことができるようになるでしょう。
自己PRで旅行の経験をアピールする際には、こういうような書き出しがオススメです。

自己PRで旅行での経験をアピールする方法2,困難を工夫して乗り越えるエピソード

 

自己PRで旅行での経験として語れる経験は、限られているものです。
自己PRの旅行の経験として語れるエピソードは、何か困難な状況に陥り、それをこういう工夫で乗り越えたというエピソードです。
こういうエピソードがないのであれば、逆にその経験を通して得たものというのも特にないでしょう。ということは、自己PRでのアピールには使えないのです。

  • 旅行での困難はインパクトがある!!

話の内容としては、自己PRとしてシンプルな構成なのですが、それでも旅行という少し特殊な経験が重なってくるので、インパクトを伴って聞こえるのです。
旅行先での困難・トラブルというのは、実際の出来事以上に数倍困難に聞こえるものですから、インパクトがあるのです。
ゆえに、自己PRでのこういうエピソードは相手の心を引き付けるでしょう。

自己PRで旅行での経験をアピールする方法3,得た能力の活かし方を述べる

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ