Loading...

自己PRで絶対に使える強みの見つけ方3つ

822 views

自己PRに絶対使える強みの見つけ方をご紹介します。
面接やエントリーシートで自己PRをしろと言われることは多々ありますが、いまいち自分で自分の強みが見つけられないという方も少なくはないのではないでしょうか。
ここではそんな方の為に、自己PRに使う強みの見つけ方を紹介していきたいと思います。

自己PRの強みの見つけ方1,企業が求める能力を知る

 

gahag-0035398378-1
自分自身の強みを見つけるというよりもまずは、会社側がどういう能力がある人材を欲しいと思っているのかということを知ることも大切です。
そうして会社側がどういう能力の人材を欲しいと思っているかを考えたら、後はこちらとしては自分にその能力があることを説明できるエピソードがないか探すだけです。
自己PRでの強みはそうして意外なほど簡単に見つけることが出来るのです。

  • 企業が求める能力を持っていると証明できるエピソードを探す!

会社側が就活生に自己PRを求める理由は、自分を客観視できているかを知りたいというのもありますが、一番は会社側の望む能力のある人材を見つけるためです。
それならば、会社側が望む能力があることをアピールするのがベストですよね。
ですから、自己PRで強みが見つけられないなら、まずは会社が望むものは何かを企業研究から調べることをお勧めします。

自己PRの強みの見つけ方2,数字を入れられるエピソードから探す

 

それでもどうしても自己PRでアピールするべき強みが見つけられないという場合には、数字を入れられるエピソードを探してみるというのが有効です。
エピソードでは数字が入るとその達成具合が伝わりやすくなり、能力のレベルに共通見解が生まれて、的確に良い印象を与えられるようになります。
ですから、数字を入れられるエピソードというのは面接では強いのです。

  • 数字を入れることで話に具体性が生まれて信憑性も高くなる!

ではどういうエピソードが数字を入れられるエピソードなのでしょう。
たとえば、売上が一日10個だった中華まんを○○という工夫をして一日50個売り上げるようにした」というエピソードなどです。
このエピソードの場合、工夫する力、発想力をアピールできますよね。
エピソードありきで探せば、自己PRでの強みもきっと見つかるでしょう。

自己PRの強みの見つけ方3,その会社で確実に役立つ能力を知る

 
トップへ