Loading...

面接の自己PRで重要な3つのポイント

225

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接の自己PRというのは、エントリーシートや履歴書の自己PRとはまた違ったところがあります。
しっかりと違いを理解してアピールしていかないと、面接の自己PRでポイントを稼ぐことはできないでしょう。
そこでここでは、面接の自己PRにおいて特に大切な3つのポイントを紹介していきます。

面接の自己PRポイント1,結論から話す

 

tulip-792011_960_720
面接の自己PRで大切なことは、これから語る内容について、語る前に多少の道しるべを示すということです。
たとえば、自己PRをお願いしますと言われたら、まず最初に「私のアピールポイントは○○です。」と述べたり、「私がアピールしたいのは○○です」と述べたりして、これから語る内容について示すのです。
それがあることで、その後の文章がグッと聞きやすくなるのです。

  • ●エピソードを話すときは必ず結論から入る!

それは、最初だけなら面接の自己PRに限った話ではありません。エントリーシートなどでもそうしていた方は多いでしょう。
ですが、面接の自己PRでは、それは最初だけではないのです。
エピソードを語る前には、「それが発揮されたエピソードを紹介します」と述べてみたり、ことあるごとに冒頭に見出しのような要約を用意する必要があるのです。そうすることで、面接の自己PRは印象がよくなるでしょう。

面接の自己PRポイント2,抑揚をつけて話す

 

たとえばエピソードを語る時など淡々としゃべられるのと、つらいところではちょっと元気がなく、ソ解決したエピソードを語る時にはちょっと明るく語るというように、抑揚をつけてしゃべると印象が全然違います。
後者の方がはるかに話に人を集中させやすいです。面接の自己PRでは、そうした抑揚もしっかりと意識していってください。

  • 抑揚がないとマイナスに評価にされる場合もある

抑揚がないとマイナスになることもあります。
たとえば、協調性やコミュニケーション能力について語る際、抑揚なくたんたんと語られていたりしたら、本当にそういう能力があるのかどうか怪しく思いますよね。
面接の自己PRではそういうことが起こるのです。だからこそ、面接の自己PRではしっかり抑揚をつけて語るようにしていってください。

面接の自己PRポイント3,一文一文を短くするよう意識する

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ