Loading...

公務員の土木職とは?その仕事内容について

3141

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員の専門職の中に土木の職種があります。
これは、都市計画に合わせた工事のプランニングや、実際の施工、日々のメンテナンスや維持のための業務など、様々な分野に関わる仕事であり、やりがいを求める人も多く集まるのが特徴です。

公務員の土木職の仕事内容1,工事の施工やメンテナンス

 

person-1030796_640
公務員の土木関連と言うとなかなか印象が湧きづらいこともあります。
しかし、身近な部分では道路の施工や、メンテナンスを行うのも土木の仕事であり、生活に密着した仕事とも言えます。
公務員と土木に関しての印象が薄いのは、入札を行い、メーカーに仕事を振るケースがほとんどだからです。
その大本になる計画を建て、施工状況の確認のための立ち合いや、契約内容の確認などを行うのが公務員なのです。

  • 国民の生活に密着した仕事であり交通インフラを支えている!

また、市民や国民の声に合わせて、道路の補修や整備、拡張などと言った計画も立てています。
交通インフラを支える仕事としても魅力も大きいのです。
また、道路関連の仕事はごく一部であり、河川や公園などの整備を担当する場合もあります。

公務員の土木職の仕事内容2,災害対策

 

近年はゲリラ豪雨や、自然災害なども多く、土木の仕事にスポットが当たることも多くなっています。
公務員の土木の仕事として、災害を防ぐための環境づくりや各種補修計画業務も含まれているのが特徴です。

  • 決められた予算内で災害を防ぐための環境をつくる!

川の氾濫など災害の被害も拡大する傾向にあり、新たな災害に強い都市づくりや、新たな技術の導入も準備されつつあります。
土木はその計画の根本を支える仕事の一つです。
いかに現実的に、安全に、予算を計画的に使うかの裁量ももっています。
与えられた予算の中で、どれだけの仕事が出来るかも公務員の土木職のやりがいの一つと言えます。
橋梁などの交通基盤の劣化も問題視されているため、計画性や実力も試される現場と言えます。

公務員の土木職の年収は民間企業に比べて控えめ

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ