Loading...

公務員の採用情報を調べる際の注意点

266

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国家公務員の採用情報は人事院が司っており、地方公務員は自治体によって異なってきます。
それぞれに役割や担当が違うことから一緒に情報を集めるのが大変なため、予備校や通信講座では採用情報をまとめたページを作るケースが多くなっています。

公務員の採用情報で注意すべき点1,国家と地方

 

the-night-sky-712532_960_720
公務員は地方と国家の分類があり、それぞれに人員を採用しています。
そのため採用情報もわかれるため、自分がどこで働きたいかで情報をどこで仕入れるかが変わってきます。
公務員試験の情報は一般的に出回っているため、採用情報も比較的簡単に探すことが出来ます。

  • 採用人数は状況に応じて常に変動している

注意したいのは採用人数で、ごく少数の場合は若干数など具体的でない情報が書かれており、受験者の状況で変わる可能性があります。
常に定員を満たさなければいけない所や、ある程度の変動を見据えて最初からの公開を控える場合もあるのです。
試験もそれぞれ全く別であることも多く、国家公務員と地方公務員の試験を併願する人もいるほどで、試験日がずれていれば可能なのです。

公務員の採用情報で注意すべき点2,市町村のローカル情報

 

公務員の採用情報は市役所などのローカル情報などを見ないとわからないものもあります。
これは一般的な公務員試験を突破してなるものではなく、急遽出た欠員などを埋めるためのものや、短期での仕事や非正規の仕事も含まれます。
臨時職員などと言われるものから、中途採用と言う形で就職試験を実施するものまで採用情報は様々です。また採用情報を出すスペースも限られていることから、地域の広報などを見ないと見つけられない場合もあります。

  • 地域の広報に採用情報が載っている場合もある

地域に密着した仕事をしたいのであれば、大手の情報サイト以外で情報収集をするのも方法のひとつです。
これとは別に、社会人経験者枠などで公務員試験が行われることもあるため、それぞれの内容を確認した上で応募することも重要です。

公務員の採用情報で注意すべき点3,公募

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ