Loading...

【時期別】OB・OG訪問の依頼のメリット・デメリット

928

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活のために多くの人にOB訪問をしたいと考えている学生は多いと思います。
しかし、やみくもにOB訪問に行くと、自分にとって有益な情報を得ることができない危険性もあります。
今回は、時期という観点から、OB訪問に行く時期別のメリットとデメリットを紹介していきます。

OB訪問を3~4月に行う場合

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-AL203elvdoki420140830110253-thumb-1000xauto-17537
OB訪問のピークの時期は3月から4月だといわれています。
このピークの時期にあえてOB訪問行くという場合には、メリットはあまりありません。
企業側もその時期が一番混むということがわかっているため、スケジュールを空けておいてくれているということです。

  • ピークの時期はスケジュールが取りにくいのでOB訪問を避ける

ピークにOB訪問に行く場合のデメリットがこちらです。
・他の学生とかぶり、OBのスケジュールが取れない
・ピーク時にということで、それほど就活に熱心な学生ではないと判断される

  • OB訪問はピーク時を避ける方が良い

OB訪問する際には、ピークの時期だけは外したほうが良いでしょう。
そうは言っても行かないよりは行ったほうがもちろんイメージが良くなります。他の時期に行けないようであれば、この時期にOB訪問に行きましょう。

OB訪問をピークより早い時期に行う場合

 

ピークの時期にOB訪問に行くことを避け、早くOB訪問に行くことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • スケジュールを取りやすい

まず大きいのが、スケジュールを取りやすいということです。
他の学生がOB訪問をしていない時期に行うのですから、必然的にスケジュールに余裕がうまれることになります。

  • 会社の裏話を聞けるかも

また、そのOB訪問が、相手にとって初めてのOB訪問であるという可能性も出てきます。
そのため、相手はとても新鮮な気持ちでその場を楽しむことができ、裏話を聞ける可能性があるのです。
時期を早めるだけで、簡単にこのようなメリットを得ることができるので、OB訪問の時期は、しっかりと考えなければなりません。

OB訪問に参加する時期がピークより遅い時

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ