Loading...

「僕がたった1社受けただけで、内定承諾を決断できた理由」

3412

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腑に落ちていますか?

自己分析、腑に落ちてる?業界研究、事業内容だけで決めてない??

 

「なんで一社しか受けてないのにそんなズバっと内定承諾できたの?」
「他の会社と悩まなかったの?」
「どうやって第一希望の会社を決めたの?」

そんな相談を同期の就活生からよくされます。
皆さんが悩む気持ちも良くわかります。
ファーストキャリア、万が一ミスったらどうしようって、不安ですよね。
でも私はこう思えてならないんです。
悩んでるひとは、まだ自己分析と企業研究がしっかり出来てない証拠では……?と。

確かに就活が始まると、
「おおwwこの会社事業内容カッコええwwやべぇ!」
「あ、でもあの会社もお金めっちゃいいwwうほwww」
と、いきなりだだっ広い都会に放り出された田舎モンみたいに、いろいろ目移りしますよね(笑)

…しかし、ここで一度落ち着いて振り返ってみて下さい。

自己分析、本音でやってますか?本当に腹落ちしていますか?

企業研究、上っ面の四季報や業界地図のデータだけ見てませんか?
あなたが行きたいと思っている、会社の良いところと悪いところ、両方把握してますか?

少しでも自信のない方は自己分析・企業研究をもう一度やり直そう

 

gahag-0021471979-1

少しでも「んー…」と自信のない方は、
まず就職先をどこにするか悩む前に、「自己分析→業界研究」をやり直してください。
行きたい業界を絞れたら、さらに各業界の各会社レベルまて研究してください。

私の友人で、渋谷に本社を構える大手国内ネットメディアに内定もらった学生が、
事業の内容をあまりよく理解してないのにも関わらず内定を貰ったと言っていた時は、
さすがにその会社大丈夫か?と思いましたが、そんなのは稀です。
案の定その子はどこ行くか迷って相談してました(笑)
(女の子だったので、恐らく採用戦略あたりの諸事情もあったのでしょう。。。と僕は思っています(笑))

とにかく、時間をかけましょう。
苦手でもここはしっかり理詰めしましょう。
感覚や直感でやって、落ちてから後悔しても遅いですからね!!(笑)
自己分析と業界分析(会社レベルまで)まで出来て初めて、
会社を比較できるスタートラインに立てます。

僕のとった「決断」の方法

 

決断の方法

『「決断」とは、「断つ」ことを「決めること」だ。』

これは僕の尊敬する先輩から教わった言葉です。
(先輩は先輩の師匠から教わったようですが(笑))
皆さんの就職先選びは、『決断』をすることと同義と言っても過言ではないと思います。

ではどうやって就職先を決断するのか。

ここからは正直、十人十色の決断の方法があると思います。
しっかり自己分析と業界研究をした以上は、それに則した決断になるはずです。
ここでは、私の場合の「決断プロセス」を記載しますので、
あくまでこういう考え方もあるんだなと参考にしてくれればと思います。
間違っても鵜呑みにしてはいけませんよ!咀嚼してくださいね(笑)

就活≒一番愛すべき会社を探すこと

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ