Loading...

SEが将来に迷った時のキャリアプランまとめ

2987

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「35歳定年説」というのもあり、将来のキャリアに悩んでいるSEの方も多いのではないでしょうか。
ですが実際seは様々なキャリアプランが描けます。
SEが描けるキャリアプランの例をいくつかご紹介していきますので、SEを目指している方、既にseとして働いている方は是非ご参考ください。

SEが現場で長く働いていくためのキャリアプラン

 

bsGREEN_spen15175523
常に現場の第一線で活躍していきたいというSEの方もいらっしゃるかと思います。
そんなスペシャリストとしてのキャリアプランの例は以下となります。

  • 一級のスペシャリストとしてのSEのキャリアプラン例

これまで通りse業務で技術や経験を蓄えていき、一級のスペシャリストを目指します。
年齢と共に吸収力や体力などは落ちてくるのは避けられませんが、その分長年の技術、経験を蓄えておけば若手に負けない価値のある人材となる事が出来ます。
一つ特化した分野のスキルを確立出来ると将来的にもスペシャリストのseとして活躍していけます。(ただし固執し過ぎ、汎用性が無くならない様、注意は必要です)

  • プロジェクトマネージャーとしてのSEのキャリアプラン例

プロジェクトマネージャーになると現場で引き続き活躍出来ますし、更に給料待遇なども上がっていきます。
プロジェクトマネージャーになるためには、技術力に加えマネジメントスキルが求められます。
早いうちからチームリーダーなどの経験を積み、タスク管理、費用管理のスキル、また多くのメンバーを統括できるヒューマンスキルも身につけていく事が大切です。
またプロジェクトマネージャ試験(PM試験)も合格しておくと、よりプロジェクトマネージャーに任命される可能性は高いでしょう。

SEが社内の管理業務に回る場合のキャリアプラン

 

将来的にはseの現場仕事を退き、管理職としてのキャリアを歩みたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。そんな社内の管理職としてのキャリアプランの例は以下となります。

  • 課長・部長の管理職を目指すキャリアプランの例

課長・部長といった管理職は部署の管理業務がメインとなり、現場作業からは遠ざかり給料もアップします。課長・部長といった管理職になるのは、seの場合年功序列としている会社が多いですので、年数を重ねればいずれ役職が回ってきます。ただし同期が多い場合はその中で天秤に掛けられますので、se時代に技術スキルや管理能力を磨き、ライバルに差を付けておく必要があります。社内からみて功績と思われる結果を残しておくと評価も上がり、役職が回ってくる可能性も高くなるでしょう。

  • 担当課長・担当部長の管理職を目指すキャリアプランの例

担当課長・担当部長というのは、いわば半技術者、半管理職といった位置付けの役職です。
なり方としては、上記の課長・部長のケースと同じで、se時代に技術スキルや管理能力を磨き、社内からの評価上げておく必要があります。定員の関係で課長・部長になれなかった方、敢えて現場仕事にも挑みたいという方が担当課長や担当部長となります。

SEが職種を変える場合のキャリアプラン

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ