Loading...

SPI対策に模擬テストが有効である理由

301

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SPI対策に欠かせない模擬テストについてご紹介します。
入社試験で行われるSPI適性検査。
就職を希望している人は、この試験に対応するために勉強を重ねていることでしょう。
しかし、SPIの対策は効率よく勉強しないと身に付きません。対策にはいろいろな方法がありますが、その対策の一つが模擬テストを受けることです。

SPI対策に模擬テストが有効である理由1,効率よく勉強できる

 

study-921885_960_720
SPIの適性検査試験は言語能力と非言語能力があり、検査結果が企業の担当に伝えられます。
企業によっては、例えば80点以上取らないと面接に進めない、いわゆる足切りに使うところもあります。
そこで、SPIで良い点数を取るための対策を考え、効率よく勉強する必要があります。その対策とは次のような事項です。

●問題を多く解いて慣れる。
●時間内で解けるか診断する。
●模擬テストで時間内に解答できるかを確認する。

SPIの問題は多くの問題を解くことで、問題のパターンが分かります。
しかし、短時間で問題を数多く解いてもパターンは身に付かないため、時間を掛けて問題に取り組むことが重要です。
さらに、個々の問題の対応ができたとしても、限られた時間内に全問題を解けるわけではありません。
その対策として効果的なものが、SPIの模擬テストです。模擬テストの結果で足りないことを把握し修正できれば、本番にも対応できます。

SPI対策に模擬テストが有効である理由2,実力を診断できる

 

SPIの現在の実力を診断するには、次の方法があります。

  • WEBで公開されているSPIの練習問題を解く

WEB上には多くのSPI解説サイトがあり、SPIの仕組みの解説と、問題の解法が公開されています。
また、時間内に解けるかどうかをチェックできるタイマーがあり、本番と似た緊張感をもって問題に取り組めます。
さらに、サイトごとに特徴があるため、多くのサイトの問題を解いていくことは、実力を試す一つの方法です。

  • SPIの本を購入し問題を解く

SPIの書籍も多く出版され、問題の掲載と解説が詳述されています。
ただし、問題を解くときに意識すべきことが、時間を意識しながら問題を解くことです。
書籍の場合は、問題数が多いため、問題のパターンに慣れるという点で優れています。

  • SPI模擬テストを受ける

SPIの試験と同じ緊張をもって取り組む方法は、何といってもSPIの模擬テストを受けることでしょう。
本番さながらの空気を感じることができ、回数を重ねることで極度な緊張状態に陥る危険性を少なくしてくれる効果があります。

2種類のSPIの模擬テスト

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ