Loading...

SPI試験突破基準は何点?何点とれば面接に好影響?

880

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SPIでは何点取れば良いのかというのがなかなか見えにくいところがあります。
もちろんとれるだけとれる方が良いに決まっていますが、明確な目標がないとなかなか勉強もしづらく、成果も出にくいところがあります。
そこでここでは、SPIで目指していくべき点数とその理由を紹介します。

SPIの点数の指標は”7割”

 

book-841171_960_720
SPIの点数の一つの目標としておすすめなのが、コンスタントに7割をとれるというところです。
7割の点数をとれるようになれば、だいたいのところで足きりに合うことはなくなります。超大企業のところであれば話は別ですが、
だいたいの所はこれくらいの点数で通過は確実になるでしょう。ですから、7割を目指していってください。

SPIは基本を確実におさえれば7割とれる!!

7割という点数は、なんとなく高いような気もしますが、勉強があまり得意ではないという方でも、しっかりと基本的な解き方などを覚えていけば、SPIなら7割はとれるものです。
しっかりと毎日コツコツ勉強していけば、誰でもとれるのが7割という点数なのです。ですから、しっかりと勉強して、7割をとれるようになっていってください。

SPIの点数が高いと面接の印象が良くなる!!

 

では、SPIでの目標の点数を7割と設定するのにはどういう理由があるのでしょうか。
まず一つはやはり誰でも目指していけるリアルな点数であるという点です。それは上記でも説明しましたね。そのほかの理由としては、
点数が高いと面接の印象が良くなるということがあります。
7割という点数は実は高く、たいていの企業ではSPIの成績が良い人物として扱われることでしょう。

SPIの点数も評価の対象の一つ!!しっかり対策しよう

もちろんすべての企業がそうだというわけではないですが、SPIの点数というのも、面接では評価の対象の一つになるのです。
ですから、7割という点数をとり、SPIの成績が良い人物として扱われるようになると、評価され印象が良くなるというわけなのす。
それゆえ、7割を目指すと効果的なのです。

SPI本番は実は足切りにあいにくい

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ