Loading...

今年の目標を100倍意味のあるものにする方法

402

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。
新年になり、5日が過ぎました。企業も既に始動していますね。
学生のみなさんも正月気分をそろそろ抜けて、
テストや就活のことも考えなければいけないのではないでしょうか。

きっと、多くのみなさんはこの時期に目標設定や今年何をするかなどを整理しているのではないでしょうか。
今回の記事は目標設定する時に欠かせない3つのポイントを説明しますので、読んでみてください。

この記事を読み終えたあとはきっと100倍意味のある目標を立てたくなるでしょう。

“今年の目標”の意味とは?

sky-1001305_960_720
まず最初に、今年作った目標を全てリセットしてください。
みなさんの人生で”今年の目標”はきっとあと、20-30回ぐらいしかありません。とても大事なものです。

それを数分考えた程度で、目標設定してしまうのでは危険な行為です。
このままだと一年間の軸が決まらないまま、流されながら、時間が過ぎてしまうでしょう。

目標とは人生をかけて達成したいこと(大きな目標)
大きな目標のために今年は何を達成するのか(今年の目標)
そして今年の目標を達成するために具体的に何をするのか(行動目標)

の3つで考えます。

さらに今年達成する目標はたった一つで構いません。人はそれほど賢くありません。すぐに立てた目標を忘れてしまいます。そこで、3つも4つも目標を立てる方は多くいますが、一つで十分です。忘れる程度の目標なら最初から立てずにたった一つのことを達成するためだけに全力で取り組みましょう。

大きな目標が見つかってない人は、今年の目標は、”大きな目標を見つける”で良いのではないでしょうか。その手段としての行動が就職活動かもしれないし、新しい活動であったり、海外へ行くことだからです。

“今年の目標”は今年、絶対に達成する。

mountains-1006524_960_720

目標とは掲げることには全く意味はありません。

実行し、達成し続けることに意味があります。

何が何でも今年達成してください。
そのためにアクションプランをこれでもかと考えて、ブラッシュアップすること。目的を達成するためにアクションプランは手段です。
選んでいる暇があったら、たくさんの量をこなしましょう。

ちなみに就職活動生の方は、ここのアクションプランが”就職”以外にないことはかなり危険信号だと思った方がいいです。
目標を達成する手段は就職以外に山ほどあります。一回従来の常識を忘れ、0から考えてみることも大切ですよね。

アクションプランに数字を入れる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ