Loading...

新卒で海外就職を考えてるあなたへ!実現のための知っておきたいたった1つの突破口

1866

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Breakthrough

海外で働いていたこともあって、たまに就活生の方から

「新卒で海外就職したいんですけど、どう思いますか?」

のような質問を受けることがあります。

国や状況などにもよると思いますが、
それほど英語も話せない日本人の学生が、
本格的な就労経験やスキルもない状態で、
賃金をもらえる雇用形態で海外で働きたいなんて、
不可能とは言いませんが非常に厳しいものがあります。

とはいえ、どうしても海外に出たい気持ちも、分からなくもないです。
私も以前は、出来れば海外で働きたいと思っていました!

なので、海外就労したい日本人学生のたった1つの突破口をお話ししたいと思います。

そもそも現地企業は私たちに何を求めているのか

現地にある企業が、日本人である学生を雇いたい理由を考えてみましょう。

どうして、英語や現地語での(ビジネスレベルとして)コミュニケーションすらろくに出来ない日本人を雇いたいと思うのでしょうか。

日本人は・・・優秀?真面目?几帳面?

そんな学生は現地のトップ大学で探せばいくらでも居ると思います。
ましてや、トップ大学にもなると英語もペラペラだったり、地頭も良くて現地で働く人とのコミュニケーションも現地語で解決です。

コミュニケーションに不安の残る外国人を雇う理由はないですよね?
(もちろん、あなたが特別にずば抜けたスキルを持っていれば話は別ですが。)

現地企業があなたを採用したいのは「あなたが日本人」だから

きっと、現地企業で日本人を採用したいと思っている企業は、

– 日本での製品展開を考えている
– 日本の企業とプロジェクトをしている
– 日本の企業の現地支社

であるなど、考えられます。

つまり、「日本語」が話せて、「日本人」として生きてきた人が欲しいのです。

これこそが、たった1つの突破口です!

現地の現地語を喋ってコミュ力が抜群の東大並みの頭の学生と比べられてもなお、採用したい!と思ってもらえるように、きちんと日本人として期待されることを理解しましょう!

日本人として期待されること

第一に「日本語」です。
海外で日本語をビジネスレベルで扱える人材というのはなかなか少ないです。
(中国とかだと割合にすると少ないかもしれませんが、絶対数はすごく多いです。)

そもそも、言葉が通じないとビジネスが出来ない状況だったりします。
プロジェクトで言葉が通じないばっかりに、行き違いがあったりすることもあるようでそういった些細なミスから、大きな進行まで行える人材が必要です。

第二に「日本のビジネスマナー」です。
日本は島国で、近くの中国・韓国と比べても文化や商習慣は違います。
ましてや、東南アジアやヨーロッパ、南米など離れれば離れるほど、驚くほど日本の常識が現地の非常識になっていきます。

そういった中で、日本とのビジネスで商談や取引、やり取りなどを言語という枠ではなく、マナーや商習慣という観点でスムーズに運べる人材というのは非常に重要です。
(但し、就労経験がない新卒はこのスキルは持っていなかったりします、残念ながら。)

第三に「日本のマーケット調査」です。
日本のマーケットの最新情報は、日本語で発信されています。
そういう言語的な障壁もあり、マーケット情報や細かい情報を得るのは難しいようです。
また、日本人の感覚を持ったサンプラーが近くにいるというのも重要なようです。

実際に私は、ソフトウェア会社で関係のある法律を調べたり、マーケットの競合となるサービスを調べたり、日本人に最適なUIを目指すためのチェックなども行っていました。

最後に

新卒で海外に飛び出してしまうことで、失うものはたくさんあります。
日本でのビジネスマナー、社内の空気感、給与などです。

また、現地採用されたは良いものの、現地価格の賃金だったので、日本に帰って再スタートするほどの貯蓄も出来ずに帰って来れないケースも聞いたことあります。
海外のコールセンターで働いていても、日本での再就職の時に、その経験が評価されなかったケースも聞いたことがあります。
そういったデメリットがあることも事実で、知っておくべきだと思います。

それでもなお、日本社会ではないところからスタートすること、しばらくは海外の企業で経験を積むことで大きく得るものもあると思います。

メリット、デメリットの両方をきちんと理解して、その時の自分の気持ちに正直に5年後に後悔しないようにしましょう!

関連記事はこちら!

大学生は迷うぐらいなら、海外へ!後悔しない人生を!
日本に居ながら外国人の友人を作る5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
トップへ