社会人インタビュー「元東大卒キャリア官僚に聞いた官僚という仕事」

【官僚】
この職業にどんなイメージを持っていますか?
どんな仕事をしているか理解していますか?

こんにちは。就活の未来ライターの赤塩です。
今回はキャリア官僚を目指している大学生向けにキャリア官僚の先輩である宇佐美典也さんにインタビューしてきました。
キャリア官僚を目指している方だけでなく、官僚という仕事について知らない大学生にも読んで欲しい記事になっています。
ぜひ、この記事を通して多くの人に「官僚」という仕事を理解してもえればと思います。

====================================================

宇佐美さんは暁星高校から東京大学経済学部に入学し、
国家公務員一種の試験に合格の末、経済産業省に入省。
これまで誰もが羨む”王道”を歩んできた一人でした。
しかし、先月そんな王道を捨てて、経済産業省を去りました。
約8年間に渡ってキャリア官僚として日本のために奔走してきた宇佐美さんは何を感じ、
そしてなぜ辞めることを決めたのでしょうか。

====================================================

就職活動の時はお金を儲けることこそが素晴らしいと思ったこともあった。

赤塩:「宇佐美さんは大学生のとき、どんな学生でしたか?」

宇佐美:「学生時代は結構プラプラしてたよ。笑
なんとなく大学には通ってたけど、そんなに勉強もしてなかったし、
自分でサークル作ったのが一番頑張ったことってくらいの普通の学生だったね。
特に何をしたってわけではないような大学生活だった。」

赤塩:「僕の印象では宇佐美さんはすごい活発な人だと思っていたのでなんか意外ですね。
では、宇佐美さんが就職活動をした当時の就職活動はどうでしたか?」

宇佐美:「僕が就職活動をした2004年はホリエモンとか村上ファンドの村上さんの全盛期。
政治は小泉さんが総理大臣になっていて『官から民へ』をスローガンに急激な改革を押し進めていた。
そういう人が時代を引っ張っていたから世の中は今よりも「お金を儲けること」が素晴らしいという風潮があった。
自分自身も、就職活動を始めた当初は「大きなお金を生み出している企業はいい企業だ」という暗黙の軸を持って活動していた気がする。
経済学部で統計学を選考していたこともあって、
自然とその分野と相性のいいトレーダーや投資銀行といった金融業界の高給職を志望していたこともあったし。
特に外資系金融には憧れをもっていたよ。
でも、何社か回る中で「仕事は儲けることが全てだ」という考え方にだんだん反発を覚えるようになっちゃってさ。
そのうち金融業界は自分には合わないと判断してファーストキャリアでは
「直接的に人の役に立つことができる仕事」を選択することを決めて、
民間の保険会社や通信会社に志望を変えることにした。その中の1つとして官庁という選択肢があった。

12345