就活戦線最後の悩みを解消!内定辞退しても悪印象を与えない方法

(3ページ目)

内定辞退を伝えるときにチェックしたいポイント

 

アイ工務店1

ここでは内定辞退を伝えるときにチェックしたいポイントを見てみましょう。

  • 内容を正直に伝えて誠意を持って詫びる

内定辞退を伝える際は、その理由を伝えにくいものですね。しかし、あなたとの面談に時間を割いて、その資質に価値を見出したからこそ内定通知が出されたのです。内容を無理に隠すのではなく、正直に伝えることがおすすめです。そして、誠意を持って詫びるようにしてください。ただ、直前でなければ理由を伝える必要がないともされています。理由を聞かれなければ、内定辞退を詫びる連絡に理由の説明はいらないでしょう。

どの企業に行くのか聞かれることが多いとは思いますが、別に迷惑をかけたいわけではなく、採用実態の調査や就活生の調査などであるため、正直に答えても問題はありません。答えたくなければ、回答を差し控えても問題はありません。企業との関係性や状況によって判断しましょう。

また、手紙を重ねて送ることもできますが、丁寧すぎるとする意見もあります。二重に内定辞退をされた、ととらえてしまう企業の考えもあるそうです。電話だけで対応しても充分でしょう。

  • 内定辞退をするときに心得たい電話の文例

================
私、■■大学の△△と申します。お忙しいところ恐縮ですが、人事部の○○様はいらっしゃいますか?

【担当者が電話に出る】
■■大学の△△と申します。ただいま、お時間少しいただいてもよろしいでしょうか。

先日は内定のご連絡をいただき、ありがとうございました。
色々と検討しましたところ、大変ご迷惑をおかけしてしまうことになるのですが、本日は、御社の内定を辞退させていただきたいと思い、ご連絡差し上げました。

【理由を聞かれたら】
選考が進んでいた他の会社から内定をいただきました。自分の将来を再度考えた結果、その会社とご縁を感じ、非常識ではありますが、この度内定辞退を申し上げた次第です。

貴重なお時間をいただきながら、このような形となり、誠に申し訳ありませんでした。それでは失礼いたします。
================

トラブルになるケースは事前に要チェック!

 

内定辞退を伝えるときは、企業にとっても損害が発生します。そのため、学生に対して高圧的な態度をとってしまうケースも存在します。そのときに、断れずに曖昧な態度をとってしまうと、入社後の違和感や居心地の悪さにつながりかねません。また、入社前の内定者には、法的な規制はかかっていません。何か脅迫的な内容を伝えられても、実質効力はないので問題ありません。企業に伝える際には、確固たる意思を持って話し合いを進めましょう。

また、企業側としては内定者が辞退してしまうと責任問題が発生している可能性があります。伝える時期が遅くなればなおさらのことです。今後関わることはないと考えずに、最後まで礼儀を尽くすことは当然です。難しく感じるかもしれませんが、迷わずに行ってください。

誠実な内定辞退の方法まとめ

人生最後まで何があるかわからないことが多いです。卒業間近になって内定を辞退して起業した人や、小さなスタートアップに就職した人も当たり前のようにいる時代です。またどうしても行きたかった企業の両方から内定が出てしまうこともあるでしょう。

内定辞退を企業に伝える際は、今まで費やしてくれた時間への感謝の気持ちを持ってお詫びの旨を伝えてください。きちんとしたビジネスマナーで対応することが求められているのです。

社会人と向き合うことは難しいですが、社会人になる一歩として対応しましょう。

【ES・面接に完全対応】穴埋めで簡単?自己PR作成マニュアル

bank-note-209104_640

あなたの自己PRは自己満足になってませんか?
一生懸命考えたのに、自己PRが面接官に響いてない。それは内容よりも、伝え方の問題かも。穴埋め形式で文章力や論理力を完全カバー!効率的に自己PRを済ませたいなら。

>>詳細を見てみる<<

123