その他

公務員の再就職についてのポイント|規制などは存在するのか【知っておきたい基礎知識】

公務員は再就職できるのか

12380374_671029209706111_1352463188_n

誰もがなりたがる職業の上位に出てくるものとして、公務員が挙げられるでしょう。公務員は倒産する心配がなく、福利厚生も充実しています。しかし、公務員になった場合、その後の再就職は非常に難しいといえるでしょう。公務員は、民間企業と比べて仕事内容が大きく異なったり、再就職に関する規制も存在したりするのです。本ページでは、公務員の再就職についてのポイントや規制についてご紹介します。

国家公務員法の再就職等規制の概要-内閣府

公務員という立場をしっかりと理解

毎年新卒で公務員になった人の離職率が非常に高いと言われています。これは公務員に限らず一般企業の場合も新卒者の離職率は非常に高いと言われており、自分の考えていた仕事と内容が違う、自分に合わないと考えた場合にすぐに離職してしまう傾向が非常に強くなっているのが原因だと言えます。

公務員という仕事は特殊なため勘ぐられやすい

一般企業の場合は短期間で離職した場合でも再就職時にそれほど警戒されることはないと言えます。しかし、公務員の場合は再就職する場合に非常に再就職し難いと言われており、それが新卒者であればなお更再就職が難しいといえるでしょう。これは公務員と言う職業が非常に特殊であることと、安定している公務員を辞めて再就職するということは何か問題があったのでは?と勘ぐられてしまうためだといわれています。それほど公務員という職業は重いものだと辞める場合には考えておく必要があるわけです。

公務員の再就職は規制がある

公務員が再就職をおこなう場合、そこには民間企業には無い規制と言うものが存在しています。これは公務員であれば誰もが規制の対象となりますし、規制を無視した再就職は出来ないと考えた方が良いでしょう。再就職に関する規制とは、離職後2年間、離職前5年間に在職していた機関と密接な関係にあった営利企業への再就職の禁止が法律で決められているため、それを守らないと罰則が科せられることになります。

公務員は再就職の斡旋をおこなうことも規制の対象

逆に自分が再就職営利企業から前にいた公務員の所属機関の公務員に対し、再就職の斡旋をおこなうことも規制の対象となっています。そのため公務員の再就職には非常に厳しい規制があると言えますし、それを無視することはそれだけで厳罰対象となるのです。その点にも注意して再就職をおこなう必要があります。

公務員を辞めることは決意が必要

公務員を辞めて再就職すると言うことは、それだけで非常に重大な決意が必要になると言えます。それほど世間的には公務員という職業を見る目が違っていると言えますし、公務員を何故辞めたのかといった理由をしっかりと考えておかないと、民間企業への再就職は難しいでしょう。

公務員は簡単に再就職できないと考えること

特に新卒で公務員をすぐ辞めて再就職をしようと考える場合、通常の就職活動をおこなっていないため就職のノウハウが無いということも考えられます。また、公務員は民間企業の仕事と大きく異なるため、それに順応することも非常に難しいでしょう。公務員を辞めて再就職するには決意と努力が必要となります。公務員と言う立場を捨ててまで再就職をおこなうのは、簡単なことではないと考える必要があるでしょう。

公務員の再就職についてのポイントまとめ

公務員からの再就職は非常に厳しい目で見られることはいうまでもありません。そのためできれば公務員を辞めるということを思いとどまるほうがよいと言えますが、どうしても再就職を考える場合には、規制にも注意して再就職をおこなう必要があるのではないでしょうか。