身だしなみ

就活は短髪がおすすすめ|好印象を与えるポイントや注意点をご紹介

髪型は印象を大きく左右する

null

就活において身だしなみは評価項目のひとつであり、注意深く見られています。身だしなみ次第で第一印象は大きく変わり、最終的な評価にも影響するため注意しなければなりません。身だしなみで特に確認されやすいのは髪型でしょう。髪型は全体の雰囲気を決める重要な要素で、同じ人でも髪型を変えるだけで印象は大きく変わります。当然これは就活での印象、評価にとっても同じで、髪型次第では選考で有利になるか不利になるかが変わるといっても過言ではないでしょう。髪型の種類は数多くありますが、特におすすめなのが短髪です。就活にふさわしい髪型を知り、見た目の印象から高評価の獲得を目指しましょう。

男子就活生は短髪がおすすめ

男子就活生は短髪がおすすめ

就活時の髪型で特におすすめなのが短髪で、男子就活生は特に短髪が定番といえるでしょう。短髪は好印象を与えやすい髪型であり、面接でもプラスに働くことは多いです。反対に長髪にしているとそれだけで印象が悪くなり、不利にもなりやすいため注意しなければなりません。髪型は就活時はもちろん就職後も見られるポイントです。これまで髪を伸ばしていた人も、就活を期に短髪にするのをおすすめします。

爽やかで清潔感のある印象

男子就活生に短髪がおすすめなのは、髪を短くすることで爽やかで清潔感のある印象を与えやすいからです。「爽やかさ」「清潔感」は、身だしなみの評価を決める上での重要なキーワードであり、これらがあるかどうかで評価が決定するともいえます。新卒では若者ならではのフレッシュさが求められてもいるため、爽やかで清潔な印象を与えるのは非常に大切です。

髪が長いとどうしてもフレッシュさをアピールしづらく、場合によっては不潔な印象を持たれることもあるでしょう。短髪にしていると顔のパーツも見えやすく、髪による影もできづらいため、顔色も明るく見えやすいです。短髪にするメリットは非常に大きいため、就活生におすすめの髪型といえます。

女性はロングでもOK

男子就活生は、基本的に短髪が望ましいですが、女性はこの限りではありません。女性の場合は無理に短くする必要はなく、ロングの髪型も認められています。ただし、髪が長い場合はきちんとまとめなければなりません。髪をまとめる際、ゴムやピンを使用することが多いですが、これらは目立たないものを使用しましょう。

髪をまとめる際、結ぶ位置が高すぎるとカジュアルな印象を与えます。髪を結ぶ際は、低めの位置を意識しましょう。低めの位置で結ぶことで、落ち着いた印象を与えるのです。また、前髪が長い場合は耳にかける必要があります。髪が落ちてくるのが心配な人は、ピンを使ってしっかりと留めておきましょう。

就活で好印象を与えるには

null

就活の髪型は短髪がおすすめですが、ひとくちに短髪といっても髪型は数多くあります。より好印象を与えるためには、単に短くするだけではなく、細かい部分にまで目を向けなければなりません。同じ短髪に分類される場合でも、髪型によって印象は少しずつ違い、評価にも差が出ます。短髪で好印象を与えるにはどのような点に注目すべきか、細かいポイントを踏まえて髪型を決めることが大切です。

襟足・もみあげをすっきりさせる

好印象を与えられる髪型の条件は、爽やかで清潔感があることです。そのため、全体的にすっきりさせることが大切ですが、特に襟足やもみあげは短くしておきましょう。これらは髪型全体のボリュームを決める重要なポイントで、長さや量によって印象は大きく変わります。

髪が全体的に短くても、襟足やもみあげの量が多いと爽やかな印象は薄れてしまいます。反対に全体的にそれほど短くなくても、部分部分が短くなっていることでメリハリがあり、全体的に綺麗に収まっている印象が与えられるでしょう。襟足ともみあげの状態で髪型の印象は大きく変わるため、これらをすっきりさせておくことがおすすめです。

ツーブロックは注意が必要

ツーブロックは、就活とプライベートの両立をはかることができる髪型として人気です。ツーブロックはもみあげを刈り込み、場合によっては襟足を刈り上げることもあるため、全体的にさっぱりと見えやすく、清潔感も与えやすいです。しかし、一方で奇抜に見えやすい髪型でもあるため、ツーブロックにする際は刈り上げの幅や高さに注意しなければなりません。

刈り上げ部分がそれほど目立たず部分部分がすっきりしている髪型であるため、好印象になりやすいです。しかし、目立つように大きく刈り上げてしまうと、就活にはふさわしくないと判断される危険性もあります。堅い職業や業種ほどツーブロックはマイナスの印象になりやすいため、志望先に合わせて適切かどうかを判断するといいでしょう。

短髪でもきちんとセットする

null

短髪は就活で好印象を与えやすいですが、無条件で評価されるというわけではありません。短くさっぱりさせることは、あくまで好印象を与えやすい条件に過ぎず、実際に印象をよくするには綺麗にセットすることが大切と考えましょう。特に短髪の場合はセットしないと見栄えがよくならないことも多く、何もしないとそれだけで悪印象になる場合も少なくありません。セットは必須ですが、短い分セットしやすいため、身支度にほんの少しだけ時間を取りましょう。

寝ぐせやふけは悪印象

身だしなみでは清潔感が非常に重要であるため、寝ぐせやふけがついている状態で就活に挑むのはNGです。特に短髪の場合はこれらが目立ちやすくもあるため、きちんとセットしてから出かけましょう。朝に時間が取れるなら、一度シャワーをして頭を綺麗に洗っておくのがおすすめです。

また、綺麗に洗っても乾燥によってふけが出てくることはあるため、ヘアオイルを使ったり、ワックスを使ったりして乾燥を防ぐといいでしょう。オイルやトリートメントでケアしなくても、ジェルワックスのように水分を含んだものなら十分保湿効果も期待できます。セットは見栄えを整えるのはもちろん、綺麗な状態を長持ちさせるためにも必要です。

ワックスを必要以上につけすぎない

短髪でもきちんとワックスをつけてセットすることは大切ですが、何事もやり過ぎはよくありません。ワックスをつけること自体は問題ありませんが、付け過ぎると不潔に見えてマイナスの印象に繋がります。ワックスをつける際は最小限に留め、ベタベタしないよう注意しなければなりません。

付け過ぎないように量を調節するか、比較的マットで付けていることが分かりづらいものを選ぶといいでしょう。あまりに気合いを入れてセットしても、就活の場に合わないとマイナスの印象を与える可能性が高いため注意しなければなりません。

男子就活生は短髪が好印象

null

髪型は身だしなみの印象を決める重要な要素であり、面接官の目が向きやすいポイントでもあります。女性の場合は幅広い選択肢がありますが、男子就活生は短髪の一択です。短髪といっても、襟足やもみあげ、前髪といったポイントを短くすることで、全体的にさっぱりした印象を与えられるため、極端に短くなるわけではありません。

セット次第ではおしゃれを楽しめる髪型もあるため、就活とプライベートの両立も十分可能でしょう。就活時はフォーマルなセットにすること、清潔感をアピールすることが大切です。短髪でも綺麗にセットし、爽やかさや清潔感を上手にアピールしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ