内定後

内定者懇親会で失敗しないための服装マナー5つ│会場に合う適切な服装をご紹介します

内定者懇親会とはどのような場なのか

内定者懇親会の開催のお知らせが届くと、意外に悩みがちなのが、服装についてです。どんなものを着ていくのが適切なのか、なかなかわからないものです。そこでここでは、内定者懇親会での適切な服装のマナーについてご紹介致します。内定者懇親会が行われる目的には、2つ理由があります。

1つ目は、企業が社員と内定者や内定者同士の親睦を図るためです。2つ目は、内定者の内定辞退を防ぐためです。内定者懇親会は、案内文書または案内メールに「参加必須」と明記されていなければ、参加しなくても問題はありません。

あくまでも、企業が内定者同士の親交を深めてもらうことや、複数の内定先の中から自社を選んでもらうために行うものだからです。内定者同士が仲良くなるための貴重な機会なので、できるだけ参加しましょう。企業によっては、人事や先輩社員も参加しているところもあるので、しっかりとした自己紹介ができるように練習をしておいてください。

不参加の場合は丁寧に断る

内定者懇親会に参加することが一番望ましいですが、何らかの理由で断らなくてはならないときもあるでしょう。その際、採用担当者に丁寧にお詫びをして参加を辞退することが必要です。電話で今の状況を説明して理解してもらうよう、努める必要があります。

採用担当者も多大なコストをかけてあなたを採用しているため、よほどの理由でなければ、内定を取り消されるということはほぼありません。しかし、内定を取り消されることこそないものの、懇親会に出席していないという事実そのものが、上層部から目を付けられるなどの何らかの悪影響を自分が被ってしまう可能性は否定できないために注意が必要です。

オトクな就活資料【無料】

【大手企業に受かる実力があるか】就活力診断シート

20の質問で特定されたあなたの就活力。そこにはおそらく、もう十分に備わっているポイントもあれば、まだまだ努力が必要なポイントもあるはず。この資料ではあなたの足りない就活力に対して、具体的な対策法を伝授しています。

内定者懇親会の服装は指定される場合がある

内定者懇談会では、通常はリクルートスーツで行くことが無難な選択ですが、一部業界においては例外があるケースがあります。そうでなくても、普段の生活スタイルやセンスを確認するために、リクルートスーツとは異なる服装が指定されることが時々あります。

そういった場合、多少空気を読むことが求められますが、一般的な常識の範囲で収め、清潔感のある服装を選択しておけば大丈夫です。奇抜な服装は避けるようにしましょう。

「私服」と指定された場合にスーツで行くのは失礼

ファッション業界に多い傾向にありますが、内定者懇親会の出席を「私服」で求められた場合、一般的にはビジネスカジュアル、またはオフィスカジュアルのスタイルで行くことが無難です。なぜなら、このような指定のある場合は採用担当者側も気軽に内定者同士で親睦を深めてほしいと考えているケースが多く、その意向に添わない形のリクルートスーツは逆に失礼に当たるためです。

「私服」といっても、派手なものや露出が多いもの、ダメージの服装などは避け、清潔感のある落ち着いた色のコーディネートを選択して着用していくと、良い印象を与えることができるため一番無難です。

内定者懇親会の服装①指定がない場合はスーツが無難

内定者懇親会で、別段服装に指定がない場合は、適切な服装はスーツとなります。内定者懇親会はあくまでも採用活動の一つとみられています。その内定者懇親会を通して、内定者のモチベーションをアップして、それにより、内定辞退がおこることを避けようとしたり、内定者同士の横のつながりを強くして、それにより内定辞退をさけたり、より働きやすい環境を作ったりしたいという意図があるのです。

リクルートスタイルで参加するのが安全

内定者懇親会は、会社側から見てみれば、立派な採用活動となるのです。それがわかれば、スーツがで行くのが最も適切だとわかりますよね。中でもリクルートスーツがオススメです。採用活動に、指定されたわけでもないのにリラックスした服装で行く人はいませんよね。ですから、会社側から特に指定がない場合には、内定者懇親会での服装マナーとして適切な服装はスーツとなるのです。

内定者懇親会の服装②服装自由はオフィスカジュアル

もし、会社側から、内定者懇親会にはリラックスした服装で来てくださいという指定があるようであれば、その場合にはオフィスカジュアルで行くようにするのが良いでしょう。
そのような指定があるのにスーツで行くのは逆にマナー違反です。

ただ、「リラックスした服装で」「服装自由で」と言われても、それは本当の意味でのリラックスでも、本当の意味の服装自由でもありません。先でも述べたように、内定者懇親会はあくまでも採用活動の一環で、その上での服装自由なのですから、求められるものは清潔感です。つまり、内定者懇親会で服装自由と言われた場合に、もっとも適切な服装は、オフィスカジュアルとなるのです。

TPOをわきまえた清潔感のある服装をする

服装自由と言われた内定者懇親会であっても、シャツとスラックスにジャケットやカーディガンなど、カジュアルすぎない服装で行くようにしましょう。デニムやスニーカーやサンダルなどを着用していくと、マナー違反となり、それによりいきなり評価が下がる可能性があるので、気を付けてください。

内定者懇親会の服装③女性は派手な色や露出に注意

内定者懇親会で服装自由と言われた際にマナー違反となるのは、デニムやスニーカーやサンダルだけではありません。女性の場合は、露出の多い服装や、派手な色の服に注意する必要があります。オフィスカジュアルっぽい恰好であっても、短いスカートなどの露出の多い服装や、真っ赤なスカート等の派手な色の服装は、内定者懇親会ではNGとされる会社が多いです。

モノトーンに近い色味・スカートはミモレ丈くらいの長さ

ですから、女性の場合は、服装自由と言われたら、オフィスカジュアルっぽく見えるようにすることに注意するのはもちろんのこと、色味や露出にも細心の注意を払って選ぶようにしましょう。スカートならミモレ丈くらいの長さは欲しいところですし、色味もできればモノトーンに近い色味で、目立たないような色味をチョイスしたいところです。

内定者懇親会の服装④場所に合わせる

内定者懇親会の会場は、企業によって異なります。会場は、会社やホテル、飲食店とさまざまです。会社で内定者懇親会をおこなう場合、私服参加とされていてもカジュアルな服装は向きません。会場が会社の場合に服装に悩むときは、「この服装で会社に行っても悪目立ちしないかどうか」を考えることが大切です。オフィスで働く社員の中にいても自然に溶け込めるような服装を選んでください。黒・紺・白・ベージュなどの落ち着いた色味の服を選べば無難といえます。

内定者懇親会の服装⑤人事に確認するのもOK

内定者懇親会での服装に特に指定がない場合は、人事にメールで確認してみましょう。内定をもらった企業に、大学のOB・OGが勤めていれば、前はどうだったかなど聞くことができます。しかし、その年の採用人数や人事担当によって異なることもあるので注意しましょう。早く不安を解消したいのであれば、内定者懇親会の案内メールへの返信の際に、人事に服装について質問するとスムーズに解決します。

内定者懇親会は髪型にも注意が必要

内定者懇親会においては、髪型にも気を配る必要があります。特に、内定者懇親会は内定をもらってから数ヶ月後に開催されることも珍しくないために、この期間に髪型を変えている人は特に注意が必要です。

内定者懇親会はこれから一緒に働く同期や、上司、先輩に自分の顔を覚えてもらう機会ですので、周りの人々に良い印象を与え、自分1人だけが悪目立ちしないようにするためにも、色や形が常識の範囲から超えている時は、無難な髪型に戻しておくことが必要です。

就活の際の髪型でOK

基本的には、最終面接を受けに行った時の髪型で参加するのが一番ベストな選択です。採用担当者は、基本的にその時の髪型の印象で合格を出していると捉えて間違いはありません。あなたが内定をもらっているということは、髪型を含めてその時の身だしなみが企業にとって一番整っているという証拠でもあります。

原則として奇抜な髪型や人一倍目を引くような髪型は避け、無難に周囲に溶け込めるビジネスマナーを踏まえた髪型を意識して作っていくことが大切です。

内定者懇親会は持ち物やアクセサリーにも注意が必要

内定者懇親会では、新卒の新入社員として先輩や上司から注目されることになります。先輩や上司は、一緒に働くことになる後輩について色々と知りたいものです。学生の人間性はもちろん、持ち物やアクセサリーなどに注目する人もいます。ここでは、アクセサリーや時計、カバンなどの持ち物について注意点をご紹介していきます。内定者懇親会でマイナスの印象を与えないためにも、ぜひ参考にしてください。

アクセサリーはNG

「面接に行くわけじゃないからアクセサリーを着けて行こう」と考える就活もいると思われますが、アクセサリー選びは慎重におこなう必要があります。大ぶりのピアスやネックレスは派手な印象を与えるため、性格面で誤解を与えてしまうかもしれません。男性の場合、ネクタイピンにも同じことが言えます。

学生がネクタイピンをしていると、「生意気だな」と思う人もいるのです。本人はそんなつもりがなくても、周囲の受け取り方は様々です。予期せぬ誤解を与えないためにも、アクセサリーは着けない方がいいでしょう。

時計やベルトのバックルなど高級ブランドを避ける

時計をしていく学生は、ブランドやデザインに注意が必要です。先輩や上司が思わず注目してしまうようなブランドの時計をしていると、マイナスのイメージを与える可能性があります。先輩や上司は新卒にフレッシュさを求める傾向が強いため、学生らしい手ごろな価格の時計が適切です。ま

た、男性の場合はベルトのバックルにも注意しましょう。ベルトのバックルがブランドのロゴになっているものは、背伸びしている印象を与えます。就活時に使っていたベルトでもいいので、シンプルなデザインのものを選んでください。

カバンはリュックNG

内定者懇親会に参加する際は、リュックではなくリクルートバックなどが適切です。服装で参加する場合はリクルートバックでなくても構いませんが、派手な色味やカジュアル過ぎるデザインは避ける必要があります。カバンに関しても、アクセサリーや時計と同じように高級ブランドの使用を控えた方がいいです。

ロゴの主張が強いカバンなどは注目を浴びやすく、周囲から勝手なイメージを持たれやすいと言えます。持ち物などを含めた外見的な要素でマイナスの印象を持たれるのは非常にもったいないです。内定者懇親会に参加するにふさわしいカバンを選びましょう。

内定者懇親会ではマナーを守った言動が大切

内定者懇親会は内定者同士の親睦を深めるのが目的になりますが、内定者はまだ学生です。中には正しい敬語の使い方や言葉遣いを知らない人も多いでしょう。内定を頂いた企業での懇親会になりますので、社会人らしい言葉遣いを意識しましょう。これから一緒に働いていく先輩や上司が参加していることもあります。

懇親会で失礼な態度や言葉遣いをしてしまえば実際に入社してから大変な思いをしてしまうこともあります。ここを良い印象で乗り切れば社会人として自信も付きますし、良い関係で社会人生活を始めることができます。ここからは失礼のない丁寧な言葉遣いや注意事項などご紹介します。

フランクに話しかけられても丁寧に対応する

同期となる同じ内定者同士の集まりの場になるので、最初は緊張していても、お酒が入り打ち解けていけば自然とフランクな言葉遣いになるでしょう。しかし、あくまで会社の集まりになるので言葉が乱れないように自分の中でセーブすることが必要です。また、先輩や上司も参加している場合は雑な言葉遣いはNGです。

言葉遣いが少し乱れたぐらいでは内定が取り消されることはありませんが、入社後の印象に大きく影響してしまいます。最低限のマナーを忘れないように懇親会を楽しみましょう。また友達と一緒に内定をもらい、懇親会に参加する人もいると思いますが、友達だからと言って汚い言葉遣いを使うのはNGです。周りの人に迷惑もかかりますので、友達だからこそ細心の注意を払って接しましょう。

伝わりやすい声の大きさでハキハキと話す

内定者懇親会では、ほとんどの人が初めて会うことになるため、自己紹介やスピーチを求められる機会も多くなります。緊張はすると思いますが、就職活動のような面接試験ではないのであまり堅くならずに砕けた内容を話しても大丈夫でしょう。緊張がほぐれれば自然と声も大きくなります。時間は長すぎると間延びしてしまうため1分〜2分を目安にまとめましょう。

話す内容のコツとしては、自己紹介の後に会話が続くような内容が好ましいです。出身地や趣味の話は膨らみやすいのでおすすめです。1番大事なのは、話の内容よりも笑顔でハキハキと話すことです。そうすれば良い印象になり、入社後の新生活を有意義に過ごすことができるでしょう。

内定者懇親会での服装マナーはスーツが基本!

内定者懇親会でマナー違反とならない適切な服装は、以上の通りです。基本的にはスーツで、服装自由という指定があった場合にのみ、オフィスカジュアルを選ぶようにしましょう。スーツももちろん私服用の派手なものではなく、リクルートスーツや、そうでなくても地味目なものをチョイスしてくださいね。

関連記事

内定者懇親会での正しい服装とは|「服装自由・私服・指定なし」でもぴったりの男女別コーディネートをご紹介

内定者懇親会などの内定者フォローの目的と参加時の心得とは【内定式】

内定式での【遅刻・忘れ物・服装・髪形・緊張】に関するNG行動5選|マイナス印象回避のために押さえること

このコラムを読んだ人に人気の就活対策ツール3選!

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。