説明会

企業説明会における質問のポイントと例

企業説明会では質問をした方が良いということは分かっていても、いざ質問しようするとどのようなことを聞いたらよいのか分からないものですよね。そこで、そんな方のために、企業説明会での質問のポイントと、おすすめの質問例を紹介します。

企業説明会の質問のポイント1.個人的な意見を聞く

企業説明会では、そこでしか聞けない意見を聞くというのがまず1つ目の大切なポイントです。例えば、「どのような新入社員が求められてるか」という質問であれば、おそらくどこかで聞けるのではないかと思いますよね。したがって、それだけではなく、その質問に一つのスパイスを加えた内容にするようにしましょう。

  • 質問内容を一工夫する

企業説明会では、採用担当者個人の意見を聞くように質問内容を工夫するのが望ましいです。例えば「会社としてではなく、現場として、採用担当の○○様個人として、どのような人材に来てほしいと思っていますか?」というような質問に昇華させるのです。

そうすることによって確実にその企業説明会でしか聞くことのできない意見となりますし、非常に効果的な質問になりますよね。このように、企業説明会の質問では、個人的な意見を聞くという切り口があることを覚えておきましょう。

企業説明会の質問のポイント2.具体的に答えやすい内容にする

企業説明会では答えにくい質問をするというのは、あまりマナーが良くありません。そのため、採用担当者が答えやすいように、質問内容を具体的にすると、良い質問になります。これが、企業説明会での質問の2つめのポイントです。例えば、上記の例を参考にすると、「個人的にどのような人物に来てほしいと思っていますか?」という質問では、具体的には答えにくいですよね。

  • 1つの質問で確実に欲しい答えを手に入れる

そこで質問をこのように具体的にしましょう。「個人的にどのような人物に来てほしいと思っていますか?性格的な面でお答えいただければ幸いです。(もしくは能力的な面でお答えいただければ…)」と具体的に答えやすいように質問をするのです。

このように質問することで、1つの質問で確実に欲しい答えが手に入れられるようになるでしょう。そうして効果的な質問へと昇華されるのです。企業説明会は時間も限られていますから、多くは聞けません。有意義な時間にするためにも、質問を具体的にするというポイントも忘れずに覚えておきましょう。

【完全保存版】就活で面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。

企業説明会におけるおすすめの質問例

実際の企業説明会でも困らないように、おすすめの質問例を紹介していきたいと思います。

・「この会社がこの業界で今の地位を築いている理由はどういうところにあると思いますか?具体的にこの取り組みが効いていると思うものがあれば伺えればと思います。」
・「入る前に抱いていた会社のイメージと、入ってからの会社のイメージに違いはありましたか?待遇的な面と業務内容的な面からお答えいただければ幸いです。」

これらはどちらも、今回紹介したポイントをおさえていますよね。

  • 効果的な質問は採用担当者の印象に残る

こうした例を参考に、自分なりの質問を作り出してみてください。そうすることで企業説明会でも効果的な質問ができるようになります。また、その企業説明会を実のあるものにできるようになり、さらに採用担当者の印象に残る可能性も高くなるでしょう。

企業説明会ではありきたりではなく効果的な質問をしましょう

就活では、使える時間が限られています。せっかくその時間を企業説明会に費やしたのですから、フルに活かしたいですよね。そのためには、今回ご紹介したようなポイントをおさえた質問をするということは欠かせないのです。企業説明会で採用担当者に良い印象を与えるためにも、ありきたりなものではなく少し工夫した質問を作りだしてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。