内定について

内定者懇親会の服装マナー|私服を指定された時やスーツのNG例とは

内定者懇談会の服装に迷う就活生は多い

面接が終わり内定の通知を手にすると、いよいよ内定式が待っています。多くの企業では内定式後には内定者懇談会を開催します。目的は内定者と会社の従業員とが顔を合わせ、打ち解けた雰囲気をつくって繋がりを深めることです。

就活生にとって初めての内定者懇談会への参加で迷ってしまうのが服装です。内定者懇談会にはどんな服装で参加すればよいのでしょうか。会社からの案内に「私服でお越しください」と書かれていても、どんな服装をすればいいのか困ってしまうことがあるでしょう。

ましてや服装についての指示がない場合は本当に悩んでしまいます。そこで、内定者懇談会に参加するときの失敗しない服装について、パターン別に紹介します。

服装に指定がない場合

内定者懇談会に参加する時に一番困るのが服装に指定がない場合です。自分一人だけが場違いの服装で参加することだけは避けたいところです。

このようにたとえ服装の指定がない場合でも、実はいくつか服装選びをするときの判断になる基準となるものがあります。それは、会社の業種や会場、開催形式などから判断をすることです。これらを知ることで会社側の意図がわかるので、会社の意図を汲み取った上で当日の服装を選ぶとよいでしょう。それでも判断に迷ったら会社の担当者に問い合わせをしてみる方法もあります。

会社側の意図を汲み取る

会社からの案内に内定者懇談会に出席する際の服装について指定がない場合は、主催者である会社側は私服でもスーツでもよいと考えているケースがほとんどです。その場合は会社は堅苦しい場ではなくリラックスして欲しいと考えているので、あえてスーツで参加する必要はありません。オフィスカジュアルを意識した服装で問題ないでしょう。

それ以外の判断として、会社の業種や開催される場所からも会社側の意図を汲み取ることができます。会社の業種でいえば銀行や大手の企業では懇談会もフォーマルな雰囲気で行われることが多いので、スーツでの参加が無難です。一方、ファッションやアパレル業界であれば私服の方がふさわしい服装といえるでしょう。開催される会場でも会社やホテルの場合とレストランや居酒屋かで判断ができます。

こんな服装はNG

就活生の中には「内定者懇談会でもスーツで参加しないと目立ってしまい、下手をすると内定取り消しになってしまう」と心配をする人がいるかもしれません。しかし、内定者懇談会はあくまでも親睦の場です。あまり神経質にならずに打ち解ける場と考えて参加をしてもよいでしょう。

しかし、だからといって服装の指定がなく私服で参加をするといっても派手な格好はNGです。男性ならTシャツにジーパンはだらしない印象を与えてしまいますし、女性であればハーフパンツやミニスカート、キャミソールは派手なので避けましょう。

また、茶髪や無精ひげ、濃い化粧や派手なメイクなども内定者懇談会にはふさわしくありません。清潔感のある服装や身だしなみで参加すれば間違いはないでしょう。

担当者に直接聞いてみるのも良い

内定者懇談会の服装について指定がない場合は私服での参加でも構わないとはいえ、参加をしてみたら周りがスーツばかりだったり、逆にスーツで参加をしたら周りはカジュアルな格好ばかりだったということもあり得ます。こんな時には自分だけが周りから浮いてしまい、せっかくの内定者懇談会を楽しむことができなくなってしまいます。

ですから、どうしても不安な場合は企業の担当者に直接問い合わせをしてみるのも良い方法です。決して恥ずかしいことではありません。内定者懇談会の案内のメールに返信するときに人事担当者に服装について質問をすると解決します。また、内定をもらった企業に大学のOBやOGが勤務をしていれば去年まではどうだったかを直接聞くこともできます。

【男女別】服装に私服が指定された場合

内定者懇談会の服装に私服が指定されている場合は、会社側にはカジュアルな格好で出席してもらいたい、内定者同士が気軽に顔を合わせて打ち解けてほしいという意図があります。このように私服指定の懇談会では多くの就活生は私服での参加がほとんどですから、スーツで参加をするとかえって目立ってしまいます。こんな時には男女共に清潔感のあるオフィスカジュアルでの参加が無難です。

就活中のオフィスカジュアルについて詳しくまとめた記事もあります。合わせて読んでみてください。
それでは、男女別にオフィスカジュアルを意識した服装について具体的に説明をします。

【男性】オフィスカジュアルを意識した服装

  • ジャケット
  • シャツ
  • スラックスもしくはチノパン
  • 革靴

内定者懇談会の服装で私服が指定された場合、男性であればジャケットは黒色かグレー、ブラウンの色がよいでしょう。また、無地のシャツで色は白色やパステルカラーを選びましょう。スラックスやチノパンは清潔感のある明るい色で折り目のしっかりついたものがお勧めです。また、革靴にも気をつかい、汚れていないきれいな革靴を履くのがマナーです。革靴の色は茶色や黒がよいでしょう。これらの組み合わせでまとめれば堅すぎる印象にも砕けすぎた印象にもならず、内定者懇談会に出席する私服としてふさわしいと言えます。

ただし、いくら服装が私服という指定でもあくまでも就活の一環です。普段着でしかも派手な格好での出席は好ましくはありません。

【女性】オフィスカジュアルを意識した服装

  • ジャケット
  • スカートまたはパンツ
  • ブラウスまたはシャツ
  • パンプス

内定者懇談会に出席する女性の私服では上記の組み合わせであれば問題はありません。ジャケットの色はグレーや紺、ベージュが良いでしょう。それに合わせてスカートやパンツの色も白やグレー、紺、黒、ブラウンにします。ジャケットの中は白色かブルー系の襟付きのシャツかブラウスでまとめます。また、パンプスも黒やグレー、ブラウンがお勧めです。

女性の場合はたとえオフィスカジュアルのような格好でも、短いスカートなどの露出の多い服装や派手な色のジャケットは内定者懇談会で着る服装としては好ましくありません。スカートならミモレ丈程度の長さを選びましょう。

服装にスーツが指定された場合

内定者懇談会といっても会社によっては開催される会場も雰囲気もさまざまです。一般的には会社の大会議室等を使って開催される場合はスーツが指定されることがほとんどです。それは、従業員は会社にはスーツで出勤しているからであり、スーツが違和感のない服装だからです。

会社からの内定者懇談会の案内に「当日はスーツでお越しください。」と指定されていれば、服装で悩む心配はありません。迷わずに自信を持ってスーツで参加をしましょう。

リクルートスーツでOK

就活生にとって身だしなみを整える上で大切なことは個性を出すことではなく、相手にどのような印象を与えるかが重要です。基本を押さえた上で清潔感と爽やかさを第一に身だしなみを整えましょう。その意味で、内定者懇談会の服装はリクルートスーツであれば問題はありません。

スーツの色については男女共濃紺か黒色、もしくはダークグレーが基本です。スカートスーツで参加する女性の場合は必ず肌色のストッキングとヒールのあるパンプスを履いてください。

スーツのサイズも大切で、大きすぎても小さすぎてもいけません。サイズが合っていないとどのような着こなしをしても決してよい着こなしにはなりません。また、見た目だけではなく、動きやすさも大切です。また清潔に見えるようにアイロンがけを忘れてはいけません。

スーツにおけるNG例

基本的には目立ちすぎたり清潔感のない服装はNGです。スーツについてはストライプなどの柄物であったり真っ黒なスーツは避けた方が良いでしょう。着こなしはだらしなく見えないように注意が必要です。袖口が完全に隠れてしまったり裾がかかとにかかっているのもNGです。もちろん、汚れや皺が目立つスーツもNGです。ワイシャツはボタンダウンや柄物は避けた方が無難です。

自分に合ったスーツを着ているか、皺や汚れがなく清潔感があるかはビジネスの場では最低限のマナーです。スーツの着こなしを見ただけでその人の私生活の様子がわかり、細かなところにまで気遣いができる人材かどうかがわかります。内定者懇談会には企業の人も参加していることを忘れてはいけません。

服装自由の場合はスーツで行く

内定者懇親会では服装自由と指定される場合もありますが、この場合は基本的にはスーツで参加するようにしましょう。服装自由といっても当然カジュアルすぎる服装はNGですし、フォーマルな服装を心がけなければなりません。内定者懇親会は会社のイベントのひとつですし、社会人としての自覚を持って参加することが大切ですので、スーツで参加するのが無難です。

また内定者懇親会の内容は企業によっても違いますし、内容に合わせて服装を選ぶことも大切です。研修などの内容であればスーツですし、食事会などの場合もドレスコードを考えればスーツが基本になります。企業によってはアクティブな内容が盛り込まれている場合もありますし、その場合は動きやすい服装など内容に応じて服装を変えることが大切です。

就活中のスーツについてまとめた記事もあります。合わせて読んでみてください。

服装に関わらず清潔感のある髪型にする

内定者懇親会では企業から服装の指定がある場合も多いですし、また指定がない場合でも服装には注意しなければなりません。またどの服装で参加する場合でも全体的な身だしなみを整えることが大切であり、髪型などにも注意を払うようにしましょう。髪型は目につきやすい部分ですし、正しく整えられていなければ全体の印象も悪くなってしまいます。

髪型は男女ともに清潔感が大切であり、男性は短めにして、女性は長い場合はまとめるなどの工夫が必要です。また髪色にも注意が必要であり、基本的には黒髪で、染める場合でも黒に近いこげ茶などにしなければなりません。髪型や髪色などは身だしなみを決める上では重要なポイントですので、服装だけではなく細かい部分まで気を遣うようにしましょう。

内定者懇談会は常識のある服装で参加しよう

内定者懇談会に参加する際、服装に指定がない場合はあえてスーツで参加する必要はありません。オフィスカジュアルを意識した服装で大丈夫です。ただし、派手な格好やだらしのない格好はNGです。

内定者懇談会の服装に私服が指定されている場合は、会社側にはカジュアルな格好で出席してもらいたい、内定者同士が打ち解けてほしいという意図があります。ですから、周りの出席者は私服がほとんどのため、スーツで参加をするとかえって目立ってしまいます。こんな時には男女共清潔感のあるオフィスカジュアルでの参加が無難です。

服装にスーツが指定された場合にはリクルートスーツであれば問題はありません。スーツの色については男女共濃紺か黒色、もしくはダークグレーが基本です。基本を押さえた上で清潔感と爽やかさを第一に身だしなみを整えましょう。基本的には目立ちすぎたり清潔感のない服装はNGです。もちろん、汚れや皺が目立つスーツもNGです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ